ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

過去ログページ

2015年10月09日

書評653 今野敏「豹変」

こんにちは、曹源寺です。

ノーベル医学・生理学賞を受賞された大村智センセーの偉業は、聞けば聞くほどものすごいですね。絶対に野口英世より人類を救っていますわ。野口英世みたいな人格破綻者でもありませんし、しかも、人類だけでなく犬の寿命まで延ばしてくれました。
つまり、将来の千円札肖像(一万円でも良いくらい)間違いなしということで、我々は彼の功績と名前を長く記憶にとどめておく必要がありそうです。

さて、第3次安倍改造内閣が発足しました。「1億総活躍相」などというよく分からない大臣がいたりして、具体的に何をしていくのか想像がつかない状況ですが、スポーツ庁は期待できてもこの1億総活躍って縦割りから独立して何かできるんですかね。あまり期待できそうにありませんが、ここは生暖かく見守っていきましょう。
それにしても、マスゴミの論調が相変わらず「お友達内閣」とか意味不明なレベルで笑えます。河野太郎を国家公安委員長に据えたのがお友達?ハァ?バカも休み休み言いなさい。河野太郎がお友達なわけないでしょ。バリバリのリベラルで反原発派で父親がChinaの手先ですがな。こんな人を閣僚に入れる安倍首相の策略はすごいなあと思います(懐の深さとは言わない)。
かつての自民党は保守もリベラルもごちゃ混ぜで、かつては古賀誠や野中広務(現在も二階俊博や野田聖子、塩崎恭久などがいますね)の左派もそれなりに活躍する幅広い層を取り込んだ巨大政党でありました。
しかし、90年代後半以降は米国のような二大政党制を望む声が高まり、烏合の衆で選挙互助会になった民主党が旧社会党の受け皿となり、躍進を遂げました。政権交代で国民は痛い目に遭いましたが、民主党は本来であればリベラルの担い手として機能しなければならなかったのです。結局、政権担当能力があまりにも欠如していたため、本当のリベラルから見放されたのが現在の体たらくな民主党です。自民党は保守本流を貫く政党にならなければいけなかったのですが、民主党があまりにも酷すぎたのでリベラルの行き場がなくなってしまい、結局は内部に抱え込まざるを得なくなっているというのが現状でしょう。
そうした経緯を踏まえれば、自民党の中に対立軸が残っていること自体がおかしいとか言うなら分かりますが、お友達内閣だの仲良しごっこだの言うのはちゃんちゃらおかしいわけです。

内容(KADOKAWA HPより)
少年、少女たちが突如、人を襲い始めた。 事件の背後に一体何が?
世田谷の中学校で、三年生の佐田が同級性の石村を刺す事件が起きた。だが、取り調べで佐田は何かに取り憑かれたような言動と行動で警察署から忽然と消えてしまった──。刑事と祓師が、不可解な事件を追う、長篇小説


曹源寺評価★★★★
安定の今野敏センセーですが、ちょっとオカルトチックな警察小説を出してこられたので読んでみましたよ。
調べてみたら「鬼龍光一シリーズ」というのがありまして、過去には「鬼龍」「陰陽祓い」「憑物祓い」という3作品がシリーズ化されていました。本書は第4弾ということになるのでしょうか。
警視庁生活安全部少年課の富野刑事が担当したのは、都内の中学校で同級生がナイフを持ち出し刺すという事件で、加害者だけでなく被害者もまた狐に取り憑かれていたようだった。祓い師の鬼龍が除霊(!?)するも、同様の事件が立て続けに発生したことで原因の究明により出す、という展開です。
オカルトチックですが警察小説的でもあります。このシリーズ未読なもので申し訳ありませんが、側聞する限りでは、前作までは鬼龍が主人公で富野が脇役という設定だったそうですが、本書は富野が主導権を握って立ち回ります。
そして、事件は意外な展開を迎えていきます。オカルトというよりは自然科学的な色彩を強めていきますので、どこかのラノベのようなストーリーではありません。

祓い師+刑事という組み合わせの妙


が本書の最大の特徴だと思いますが、これが結構嵌っていて期待以上の面白さがありました。







いつもご覧いただき、ありがとうございます。
たまにはクリックしていただけるとうれしいです。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
タグクラウド
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集