ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

過去ログページ

2016年08月05日

書評733 一橋文哉「国家の闇」

こんにちは、曹源寺です。

あぢぃ〜 夏本番ですね〜
今夜辺りから相当寝苦しい夜になりそうです。

さて、自分はアラフィフですが、この世代は小さい頃にロッキード事件があり、その後成人を迎える前後にリクルート事件があったりして、いわゆる汚職・疑獄といった政治事件を強く記憶に留め置いています。
また、UFOやUMAなどミステリ関連、ノストラダムスの大預言、「あなたの知らない世界」や&ロ愛子センセーのような霊能関連にも興味を注がれる時代を過ごしてきました。
ですから、反権力志向をとどめつつも陰謀論にも加担しているという歪んだ精神構造を持っている人が多いのかもしれません。自分もその一人です笑

謀略とか謀殺といった単語にも反応してしまいまして、これを強化してしまったのが松本清張センセーの「日本の黒い霧」という著作であります。下山事件の詳細を知ったのは20代後半、本書を読んでからでした。ちょうどその頃はバブルの後始末で日本中が大騒ぎの最中でした。おまけにオウム真理教関連事件が立て続けに発生し、世はまさに世紀末でありました。イトマン事件や住専問題、住友銀行名古屋支店長射殺事件などは日本経済の闇の深さを我々に教えてくれたものでした。
20年後の現在、政治事件に関しては東京地検特捜部のパワーが大きく下落し、政治資金収支報告書の重箱の隅を突いてはやれガソリン代がどうだとか、コーヒー代が異常だとか、そんな話ばっかりです。
デジタルの時代になって心霊写真もなんだかぱっとしないし、預言みたいなやつはネットに「降臨」してくる怪しげな未来人とか地震を予知できるお母さんとかそんな話で盛り上がっては消えていく。退屈しのぎのネタになっているだけですね。

なんだか、国民全員が不感症みたいになっていて、もうちょっとやそっとじゃ驚かなくなっていませんか。たまに盛り上がるのは「文春砲」くらいなもので、なんというか「モラル的におかしいけど徹底的に追求するには至らない」みたいな話が多すぎますね。
う〜ん、話が抽象的すぎてうまく伝えられないなあ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(KADOKAWA HPより)
日本の犯罪史を本質を抉るノンフィクション
戦後を代表する重大事件がいかにして起こり、人々にどう受け止めてきたのか。また、その後の日本にどのように影響を与えたか。犯罪史を総括する。


曹源寺評価★★★★
先日読了した「人間の闇」の姉妹作です。一橋センセーは本書のほかにも「マネーの闇」を上梓されていて、角川新書「闇シリーズ3部作」とでもいうかたちになっています。
本書ではロッキード事件、佐川急便事件、リクルート事件といった政財界関連の疑獄事件にはじまり、オウム真理教関連事件とロシアのつながり、古いところでは国鉄3大事件(下山事件、三鷹事件、松川事件)や帝銀事件、また、豊田商事事件の残党と「指南書」の行方など、昭和から平成にかけて世間をにぎわせた事件を幅広く取り上げています。
「国家」というタイトルですが、実際に国家というか政権というか純粋に政治マターといえるのはいわゆる疑獄事件関連に留まりますが、逆に「国家が手を出せないタブー」というのもある意味「国家の闇」と言えなくもないですね。本書後半に書いてある○○利権関連などはもうすでに誰も手を出すことができなくなっているのかと思うと暗澹たる気持ちになります。闇深すぎるわ。。。
読了して思うのは、一橋センセーの取材範囲の広さと、仮説組み立てのうまさが際立っているということです。取材範囲が広いゆえに、他の未解決事件との関連性などにも言及されていまして、

まさか豊田商事事件とライブドア事件がつながっているとは思いませんよ。

つまり、我々一般庶民が事件を聞きかじっていても、それはほんのわずかな踏み跡でしかなくて、

ナスカの地上絵のように、地面にはいつくばっているだけの人間には全体像が理解できない

のでありましょう。
その地上絵の、ほんの一部でも一般庶民に理解してもらおうとする一橋センセーの取材活動に、心から敬意を表したいと思います。せっかくですから、センセーの古い著作から読み返そうかと思います。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集