ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

過去ログページ

2017年05月16日

書評802 呉勝浩「白い衝動」

こんにちは、曹源寺です。

本日の書評で紹介する「白い衝動」では、人を殺したくてしょうがないという衝動を抱えた少年が登場します。人と違った反応を示すことで社会生活が困難になってしまうことを「パーソナリティ障害」と呼びますが、単にその人が生活しにくいというだけならまだしも、他人に危害を与えかねないほどの衝動を持ってしまうと、その処方箋は「隔離」か「洗脳」といった手段しか残されていないのではないかと考え込んでしまいました。
パーソナリティ障害には「妄想」や「脅迫」といったものだけでなく、統合失調型のものもあれば反社会性といったものもあるようですね。反社会性の障害には「平気で嘘をつく」「法律を守らないことに躊躇しない」「罪の意識がない」といった特徴があるようです。
パーソナリティ障害について調べてみると、どうやら人口の2%程度いるといった推計があるようですが、反社会性パーソナリティ障害だけに限ったらどのくらいの数になるのでしょうか。1%もいたらやばそうですね。
でも、知能や学習能力とはあまり関係ないという説もありますので、「隠れ反社会性パーソナリティ障害」みたいな人もいたりするのかもしれません。
もしかしたら、「平和のためなら断固として戦う!」とか「私は差別と黒人が嫌いです」とか一行で矛盾したことを言っている人たちはこうした障害をお持ちなのかと思ってしまいました。ほかにも職業的にこの障害をこじらせている人たちがいるような気もします。どんな職業かは書きませんが、もしかしたらこうした障害をこじらせやすい職業もあったりするのかもしれません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(講談社HPより)
小中高一貫校でスクールカウンセラーとして働く奥貫千早のもとに現れた高校1年の生徒・野津秋成は、ごく普通の悩みを打ち明けるように、こう語りだす。
「ぼくは人を殺してみたい。できるなら、殺すべき人間を殺したい」
千早の住む町に、連続一家監禁事件を起こした入壱要が暮らしていることがわかる。入壱は、複数の女子高生を強姦のうえ執拗に暴行。それでも死に至らなかったことで、懲役15年の刑となり刑期を終えていた。
「悪はある。悪としか呼びようのないものが」
殺人衝動を抱える少年、犯罪加害者、職場の仲間、地域住民、家族……そして、夫婦。
はたして人間は、どこまで「他人」を受け入れられるのか。
社会が抱える悪を問う、祈りに溢れた渾身の書き下ろし長編。


曹源寺評価★★★★
2015年の乱歩賞受賞作家、呉センセーもまた受賞後に積極的な執筆活動をされているお一人です。ただ、その内容は一貫しているわけではなく、前向きに言えば、さまざまなジャンルに挑戦しているように思えます(逆に、薬丸岳センセーなどはテーマが首尾一貫していますが、たまに違うテーマで書き下ろしたりされるとオカシイとか言われてしまって可哀相ではあります)。
本書は殺人衝動を抑えて苦しんでいる高校生、野津秋成と向き合うスクールカウンセラーの奥貫千早を主人公に、ちょっとだけミステリを加えた社会派作品に仕上げています。
テーマは奥深く、
「社会に受け入れられない衝動を持つ人物は、社会とどう向き合っていくべきなのか」
あるいは
「社会に受け入れられない衝動を持つ人物と、近隣住民はどう向き合うべきなのか」
そして
「普通と異常の境界線はどこにあるのか」
みたいな深く考えさせられる問いかけも含んでいます。
そんな作品ではありますが、自分は多少なりとも心理学をかじってきていますので内容についていけるものの、心理学を知らない人はちょっと専門的な部分に突っ込んでいるので分かりにくいところもありそうです。
本書には二人の異端な人物が登場します。一人が上述の野津秋成で、もう一人は連続一家監禁事件を引き起こして15年の刑期を終えて出所した入壱要です。入壱は殺人こそ犯していないものの、その犯した所業はちょっとムナクソ悪いのです。しかし、刑期を終えた人間は一般社会に戻る権利があるのも事実です。この人物像があの神戸連続殺人事件の少年Aとかぶるので、出所したとはいえ被害者の心情的には娑婆に出てきやがってこの野郎!と思ってもしょうがない部分がありましょう。そんなヤツが近所に引っ越してきたら、やはり反対運動が起こるのも分かる気がします。
そんな騒動が本書のなかでも巻き起こりますガ、騒動の渦中で野津と向き合う千早は彼をどのように導くべきなのか、苦悩を重ねます。そして騒動は新たな局面を迎えます。
導入部からはとっても猟奇的な展開を期待してしまいますが、実際には

哲学的な内容を多分に含んでいます

ので、乱歩的な何かを期待している人にはあまりお勧めできません。しかし、犯罪者と犯罪予備軍、そして一般の市井の人々の間にある、超えてはいけない一線がどこにあるのか、さらに、普通でない人たち(これをマイノリティを呼ぶべきなのかは分かりませんが)と社会のあり方などについてはいろいろと考えさせられる作品であることは間違いないと思います。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
タグクラウド
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集