ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

過去ログページ

2017年08月18日

書評828 今野敏「アンカー」

こんにちは、曹源寺です。

北朝鮮がグアムへのICBM発射を一旦取りやめました。米トランプ大統領は「賢い選択をした」などと褒め称えて(皮肉って)いますが、戦争の危機が去ったわけではなく、かの国が危険な国であることも依然として変わらないのです。
一番怖いのは、腰抜けになった首領など要らぬ!といって北朝鮮の軍部がクーデターを起こすことではないかと思います。もしクーデター発生→金正恩暗殺→軍事政権発足、になったら今度は中国が乗り込んでくるだろうと思います。
北「これからは軍部が政権を運営する。まずは米国にICBM撃っちゃるで」
中「待てやコラ聞いてねえぞ」
米「やれるもんならやってみろ」
北「撃ったで〜」
米「てめえやりやがったな、戦争だ!」
中「待て待て、いま傀儡政権作るから」
米「いや待てぬ、侵攻開始」
中「そういえば正男いないんだった。どうしよう」
米「うおおおおおおおおおおおおおおおお」
中「あああああああああああああああああ」
北「グエー死んだンゴ。でもその前に核ボタンポチー」

金正恩がパフォーマンス的に威圧しているのはわかりますし、経済的にも武力的にも米国とは比べ物にならないほど弱いのも知っていますが、北が威圧行動をとればとるほど各国からの制裁は厳しくなってくるでしょう。そうなれば、北朝鮮人民の不満が爆発するとか、軍部が腰抜け将軍に辟易して暴走するとか、そういうリスクのほうがどんどん顕在化していくわけで、むしろ危機は深まっているのではないかと危惧してしまいます。
「戦争になんかなるわけない」「戦争戦争と国民をあおるな」「もっと対話しろ」などと脳内お花畑な方々がテレビで発言したりネットで書き込んだりしていますが、我々はさまざまな可能性を考慮して行動すること、つまりリスクヘッジの考え方を持つことを忘れないようにしなければなりません。

戦争とは、こっちから仕掛けなくても向こう側から仕掛けてくることがある、という当たり前の考え方さえ否定するような人の意見には耳を貸す必要はないと考えるべきです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(集英社HPより)
『ニュースイレブン』名物記者・布施と警視庁の刑事・黒田は、10年前に大学生が刺殺された未解決殺人事件を追う。関西の系列局から来た栃本も加わり、捜査は意外な展開へ! 「スクープ」シリーズ第4弾!


曹源寺評価★★★★
いつの間にか「スクープ」シリーズも第4弾に突入です。「スクープ」「ヘッドライン」「クローズアップ」と続いてきたこのシリーズは、今野センセーの作品群からはちょっとだけ異彩を放っているように思います。それはなんといっても警視庁刑事の黒田とテレビ局報道記者の布施がコンビ(!?)を組むという、なんとも奇妙な取り合わせであり、普段は飄々としながら数々のスクープをぶち上げてきた布施の人間味であり、現場百篇ならぬ「資料百篇」を地で行く粘りが信条の黒田刑事であります。警察と報道という両極端にいる二人が相乗効果を発揮して事件を解決に導くというスタイルは読ませる要素が盛りだくさんです。
今回は10年前に町田市で発生した未解決の殺人事件を、警視庁特命捜査対策室に勤務することになった黒田、谷口の両刑事が担当、そこに布施も独自の嗅覚で迫ろうとするが、東都報道ネットワーク(TBN)の深夜枠報道番組「ニュース11」のデスクである鳩村はそこにニュース性を感じず、番組として取り上げようとはしなかった。ニュース11にはちょうど関西から視聴率回復のために送り込まれた栃本がサブデスクとして就任、鳩村と栃本はそりが合わず、そこにメインキャスターの鳥飼も異を唱えるようになり、、、
スクープを連発する布施が独自の嗅覚でとらえたのは、町田市で10年前に発生した殺人事件。この未解決事件で奔走する黒田・谷口の両刑事の活躍と、ニュース11内でこのニュース(大ごとになる前の話として)を取り上げるべきか否かという報道の在り方についての問題、この2つのストーリーを連動させながら展開していくので、中だるみなし、一気に読ませる勢いで進んでいきます。
未解決事件のほうは最近のトレンドでしょうか、ふとしたきっかけで解決まで到達することがありますが、現実はそう甘くはありません。まあ、こういう解決もあるんだろうなあという程度で流せば良いのかなあと思います。
もうひとつの「報道の在り方」のほうは、いろいろと考えさせてくれますね。前作「クローズアップ」でもそうでしたが、報道と視聴率、報道とバラエティ、客観性と主観性、これらの境界線をどこに引くべきなのかという命題について、鳩村は考えさせられます。

読者も考えさせられます

が、本書で言及されているのは「アメリカでは報道番組とバラエティが区別されている」ものの「報道番組のアンカー(本書のタイトルでもありますが、)が自由に意見を述べている」という現実についてです。
日本もこれをまねて、テレビ朝日では1985年10月に、久米宏がアンカー的な役割で番組を構成した「ニュースステーション」を作りました。TBSでは筑紫哲也がこれに倣って1989年10月、「NEWS23」を開始しました。よく思い返せば、報道番組が独自色を強めていったのはこのあたりからではないでしょうか。アンカーマンの存在が番組の「色」を作り出しているという流れが今は固定されています。しかしそれは同時に、過激な一方通行の報道を生み出したとも言えるのかもしれません。
本書では言及されていませんが、電波は公共のものであって、それはバラエティだろうが報道だろうが関係ないんですね。テレビ局は公共の電波を借りて(しかも極端に安価で)番組を流しているわけで、そこに公正中立が求められるのは当たり前の話なんですよ。
ですから、個人的な感想になりますが、電波オークションが実施されるとか、放送法に厳格な罰則規定が盛り込まれるとか、クロスオーナーシップの禁止とか、放送関連の法整備をもう少し突き詰めていかないと、アメリカのようなアンカーマンによる独自の報道番組構成などは認めるべきではないと思っています。
こんな話は本書のストーリーとは全く関係ないことではありますが、「報道の在り方」に言及する以上は現在ネットなどでも議論されている上記のようなテーマを見過ごされては困るので、とりあえず書いておきました。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 16:31| Comment(0) | か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

書評827 河合莞爾「スノウ・エンジェル」

こんにちは、曹源寺です。

今日8月15日は終戦の日です。なぜか「終戦記念日」と呼ぶ勢力がいますが、記念という単語には「思い出となるように残しておくこと。また、そのもの。」(大辞泉)という意味がありまして、別に思い出として残しておきたくもないんですが、なぜか記念日にしている奴らがいます。さらに言うと、「終戦」ではなくて「敗戦」ですから正確には「敗戦の日」というのが正しい使い方ではないかと思います。

似たような話には、広島の原爆死没者慰霊碑に刻まれている文章がありますね。
「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」
というやつです。過ちってなんでしょうか。広島市のホームページにはいろいろと説明書きがありますが、こんな文章があります。
戦争という過ちを再び繰り返さないことを誓う言葉である
うーん、本来は原子爆弾という人類が抱えた大きな宿業のことを指していたのではないかと思いますが、いつの間にか戦争そのものにすり替わっていますね。まあ、原爆とした場合、過ったのは米国ということになりますから、どこかの誰かさんにとっては都合の悪い意味合いになってしまうのかもしれません。

ちょっとした言葉遣いの違いで、本来持っているはずの意味が微妙にずれていく

ということが、ここ最近は多いなあと思ってしまうのですが、みなさんもそんな経験ありませんか?
小賢しい。うん、小賢しいという単語がしっくりくるなあ。
悪意を持って大衆を騙そうとしているヤツがいるということを、我々はしっかりと認識しておくべきだと強く思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


内容(祥伝社HPより)

やがて世界は白い天使に覆(おお)われる――
蔓延(まんえん)する違法薬物の陰で進む“完全な麻薬(スノウ・エンジェル)”の開発。
犯人5名を“射殺”した元刑事と非合法捜査を厭(いと)わぬ女麻薬取締官が潜入捜査で炙(あぶ)り出す、“依存”の闇と驚愕(きょうがく)のW計画とは?
起こりうる近未来の薬物犯罪を描く、黙示録的警察小説!
我に依存せよ、我に服従せよ。
服従しないものには死を――
「天使様、お助け下さい」――歩行者天国に暴走車を突っ込ませた後、通行人を殺害した男が、謎の呟(つぶや)きを残して百貨店の屋上から飛び降りた。新種の合成ドラッグ〈スノウ・エンジェル〉が原因と睨(にら)む厚生労働省の麻薬取締官・水月笙子(みづきしょうこ)は、その根絶を狙い、ある男に捜査協力を求めた。神西明(じんざいあきら)、元刑事。9年前に相棒を殺され、犯人5人を“射殺”、そのまま逃亡して首謀者・マシューを追い続ける男だった……。


曹源寺評価★★★★
河合センセーの最新刊は元刑事と麻薬取締官のお話でした。
神西明は相棒を殺されて犯人5人を射殺後逃走、偽名を使って日雇い労働者として事件の首謀者を追う日々だった。その神西をスカウトしたのが水月笙子で、新種の合成ドラッグ「スノウ・エンジェル」を突き止めようとしていたのだ。
過去を捨てた神西は囮捜査として最適な人物だった。売人の伊佐と仲良くなり、伊佐の手助けをすることで卸元の白竜に近づけることができると考えた神西は、大きな取引を持ち掛けることで白竜と面会できるようセッティングした。神西はスノウ・エンジェルを根絶することができるか。
河合センセーといえば、島田荘司センセーばりのトリックものや鏑木刑事を主人公とした警察小説が耳目を集めましたが、本書はなんとなく大沢在昌センセーのようなちょっとハードボイルド系の作風に仕上がっています。
でも、なんだかちょっと既視感があるなあと思ったら、「デビル・イン・ヘブン」の前日譚ですってよ。どおりで、「聖洲」という湾岸地域の名称とか、カジノ法案の話とか、首謀者「マシュー」のことだとか、デビル〜の世界観が出ているわけだわ。でも、マシューってなんだっけ?忘れちったわ。
もしかしたら、本書を先に読んで、その後に「デビル・イン・ヘブン」を読んだら面白いのかもしれないですね。
元刑事・神西の活躍はそれこそ大沢作品の

鮫島警部ばりにカッコイイ

のですが、その造形描写はもう少し特徴的なものがあっても良いのかなあと思います。
ラストはちょっと思わせぶりなところもありますが、続編に期待してしまって良いのでしょうか。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 16:55| Comment(0) | か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

書評826 曽根圭介「黒い波紋」

こんにちは、曹源寺です。

昨日は河野太郎外務大臣が、周囲の期待を裏切って仕事をしていると話題になりました。
「お父さんの意見大切に」王外相、河野氏に皮肉(8/7読売新聞)
【マニラ=比嘉清太】河野外相と中国の王毅ワンイー外相が7日、初会談でいきなり火花を散らす一幕があった。
王氏は会談冒頭から「発言を聞いて率直に言って失望した」と河野氏を批判した。会談に先立つ東アジア首脳会議(EAS)外相会議で、河野氏が南シナ海問題への懸念を表明したことに不満を示したかったようだ。「ハト派」として知られた河野氏の父の河野洋平・元衆院議長を「正直な政治家」と持ち上げ、「お父さんの意見を大切にすることを望む」とも皮肉った。
これに対し、河野氏は「中国には大国としての振る舞い方を身に付けていただく必要がある」と反論した。


河野氏のブログを読めばわかりますが、河野氏は実にマメです。自分の仕事には責任を持ち、きちんと正論を吐いてそれを曲げない精神性もお持ちのようです。先日も書きましたが、父親の売国っぷりとは違って、情に流されたりトラップに引っかかったりはしないような感じがします。法律がこうなっているから、とか、条約で締結したのだから、とか、彼の行動規範はこうした法律第一主義的な色合いが強いのだろうと思います。
こういう人は行政のトップに据えるとなかなかぶれませんので、意外と適任なのかもしれません。
ちょうど外務副大臣には「ヒゲの隊長」こと佐藤正久センセーが就任されました。こと外務に関してはこのコンビが活躍するのではないかと期待しています。
あ、一応補足しておきますが、好きではありません。嫌いだけど仕事はきちんとするんだろうなあということです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(朝日新聞出版HPより)
元刑事の加瀬将造は、孤独死した父親宛てに何者かから毎月30万円の現金が届いていることを知る。さらにアパートを片付けると天井裏から古いVHSのビデオテープが。中身を確かめると、そこに映っていたのは・・・。江戸川乱歩賞・日本ホラー小説大賞受賞作家、渾身作!


曹源寺評価★★★★
後味の悪いホラーチックな作品で個人的には大好きな曽根センセーの最新刊です。本作はホラーではなくてクライムサスペンスのジャンルだと思います。
冒頭は元刑事にして便利屋家業の加瀬将造が、実父・真木盛夫の死去を知らされ現地に赴くところから始まります。両親の離婚後30年も音信不通であった実父なので、哀しみもわかない加瀬。部屋に金目のものがないか探すと、偽名で借りた私書箱の契約書があり、何者かが毎月30万円を父に送金していることを知る。さらに天井裏には古いVHSのビデオテープが隠されていた。離婚して養育費の支払いに追われていた加瀬は、千載一遇のチャンスに賭けようとする。。。
曽根センセーの作品の特徴のひとつに、「登場人物がみんなクソ」というのがあります。クソ野郎ばかりですので感情移入できません。だから嫌い、という人が多いのかもしれませんが、自分は違います。

クソにはクソの末路がちゃんと待ち構えている

のが曽根作品の特徴でもあります。
本書は主人公と思しき加瀬も、その実父の真木盛夫も、そのあとに登場する政治家とその取り巻きも、みーんなクソで悪党です。しかも加瀬はバカでもあります。(以下、ネタバレあり)


加瀬は脅迫の仕方がめちゃめちゃ下手です。現金の受け取りも下手くそ極まりありません。オレだったらもうちょっとうまいことやれそうな気がするなあ、なんて思ったりもしますが、これは読者が思った時点で曽根センセー的には勝ちなのかもしれません。そう、なんだかんだでこの悪党に感情移入しているわけですからね。
登場人物がクソなので、たいていの作品はラストも後味悪いです。本書もまた、微妙なしこりを残す終わり方をしますので、何とも言えぬ気分にさせられます。
でも、それこそが曽根センセーの持ち味だと思っています。本作は伏線をきちんと回収しているし、悪党にふさわしい末路も描かれているし、政治の世界はやはり闇が深いなあと思わせているし、で納得の一冊であるかと思います。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 16:39| Comment(0) | さ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

書評825 大倉崇裕「クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係」

こんにちは、曹源寺です。

積水ハウスが8月2日にプレスリリースした「分譲マンション用地の購入に関する取引事故につきまして」という文書が、久々の大型経済事件として話題を集めました。
どんな事件か、すごく簡単に言うと「わが社は不動産取引で詐欺師にまんまと67億円をだまし取られました」という内容です。
本当に久々の大型事件ですが、なぜかあまり続報がないですね。事件の背景とか犯人像とか取引内容の実態とか、いろいろ知りたいことは多いんですが、簡単に追える内容でもなさそうです。
さて、大型経済事件といえば「コスモポリタン事件」「イトマン事件」「石橋産業事件」「雅叙園観光事件」など、90年代の巨額詐欺事件が思いつきますが、2000年以降はあまり目立ったものがない(のか自分が知らないだけなのか)ですね。パナマ文書なんて、本当はめちゃくちゃすごい事件のはずですが、マスゴミが忖度して大手企業の名前を出さなかったものだからあっという間に下火になりました。
この事件をいち早く報じたのはWebニュースを配信する「東京アウトローズWEB速報版」でした。複数の地面師が暗躍しているという内容で、早くからアングラで蠢いている怪しい人脈を追求していたわけです。
たしか、昨年、新橋で大地主の女性が行方不明となった事件(その後、遺体発見)もWebニュースをメインにしている媒体がすっぱ抜いたんじゃなかったかしら。いずれにせよ、大手マスゴミでは絶対にスクープもできないような事件は、なんだか血が騒ぎます。裏社会の実態をすき間から覗き込んだような、見てはいけないものを見てしまったかのような、そんな気にさせられます。
しかし、Webを中心に活動されているジャーナリストの方々も、それこそピンからキリまでありまして、個人的な感想ですがだいたい半分以上は単なる売文屋でしかなく、調査報道をしっかり行っておられるのはほんの一握りでしょう。思想的にヤバイ人もいますが、事件を追求するという姿勢だけ見れば素晴らしいお方もいらっしゃいますので、そんな人は応援したいですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(講談社HPより)
2017年7月から連続テレビドラマ化!
大人気「警視庁いきもの係」シリーズ待望の第4弾!
ピラニア、クジャク、ハリネズミが登場する傑作中編3作を収録!
学同院大学で起きた殺人事件の容疑者は、クジャク愛好会の奇人大学生! だが無実を信じる警視庁いきもの係の名(迷)コンビ、窓際警部補・須藤友三と動物オタクの女性巡査・薄圭子はアニマル推理を繰り広げ、事件の裏側に潜むもうひとつの犯罪を探り当てる!? 犯人確定のカギはクジャクの「アレ」!?
警視庁の「いきもの係」というべき、総務部動植物管理係の名コンビ、窓際警部補・須藤友三(すどう・ともぞう)と動物オタクの女性巡査・薄圭子(うすき・けいこ)のアニマル推理が楽しめます!


曹源寺評価★★★★
今タームでテレビドラマ化された「警視庁いきもの係」シリーズの最新刊です。須藤友三警部補が渡部篤郎、薄圭子巡査が橋本環奈という、まったく原作を無視したキャラクター設定には少々頭にくるものがありますが、まあドラマなんてこんなもんでしょう。
さて、本作では「ピラニア」「クジャク」「ハリネズミ」の中編3作を収録してあります。このシリーズは短編よりも、そして長編よりも、中編くらいの作品のほうが読みやすくて面白いなあと思います。短編だとあっさりしすぎていて、長編だと冗長に思えるのかもしれません。
「ピラニア」では、マンションの一室で発見された他殺体、その部屋にはピラニアの飼育施設があり、水槽の中にはある会社の社章があったというストーリー。
「クジャク」では、大学生が他殺体で発見される。手にはクジャクの羽根が。目白にある学同院大学の敷地内にはクジャクとその卵が孵化中であった。
「ハリネズミ」では、ある女性が襲われて大けがを負う。彼女はなぜ襲われたのか。飼っているハリネズミの生態をつぶさに追っていくと、その裏にある陰謀が隠されていた。
最後のハリネズミの章は薄圭子でなければ絶対に解くことができなかった事件として、記憶に残りそうな内容です。我が家もハリネズミを飼っていますので、楽しく読むことができました。
「クジャク」では、作者大倉センセーの母校である学習院大学が学同院大学として描かれています。また、学同院大学はセンセーの「オチケン!」シリーズの舞台でもありますので非常になつかしく、素晴らしい描写になっています。さらに、本書に登場するクジャクの名前「サカタニ」と「スカイレインボーハリケーンゴッドフェニックス」は京都大学クジャク同好会に実在するらしいですね。まんま使っているところに、大倉センセーのクジャクに対する愛情とリスペクトがうかがえます。
これだけでも十分に笑えますが、本書シリーズの楽しさはやはり薄圭子と須藤友三のボケツッコミでありましょう。日本人なのに日本語に不自由している薄圭子の天然ボケに、須藤友三が冷静にツッコミを入れるというこの会話。

回を追うごとにこのシリーズは面白さを増してきました。

ドラマなど関係なく長期で続けていただきたいシリーズです。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 18:20| Comment(0) | あ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

書評824 黒井卓司「フェイスレス」

こんにちは、曹源寺です。

トランプ米大統領がCNNをはじめとした一部メディアに対して使った「フェイクニュース」という単語がありますが、これは「メディアのねつ造」という意味でつかわれ始めたものであります。

これに対して日本では、メディアのほうが「ネットにおけるデマ、作り話」という意味で使うようになっています。

朝日新聞の記者が先日こんな新書を出したことで、ネットでは笑いものになっています。

平和博「信じてはいけない 民主主義を壊すフェイクニュースの正体 (朝日新書)」 [新書]


「今年一番のギャグ」「自伝乙」「鏡見ろよ」「正に朝日新聞そのもの」などの書き込みが半端ないです。
本来の意味を勝手に書き換えようとする気マンマンですね。
まあ、ネットに嘘があふれかえっているのはみんな知っています。だからこそ「嘘を嘘と見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」という有名な格言ができたわけです。ですから、みんな知っているんですよ。わかっているんですよ。わかってて使っているんですよ。
問題はネットではなくて、既存のメディアがネットを使えない人を対象に意図的にフェイクを混ぜてニュースを流し始めていることなんですよね。こうなるともう自分が直接目にしたものだけを信じるしかないという、末期的な状況になってくるんですね。ネットに限らずテレビも新聞も、信じられない情報ばかりが垂れ流される世界というこの世紀末な状態。こんな状態が長く続くはずはありませんので、いずれ何らかのしっぺ返しがくるのは間違いないでしょう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(KADOKAWA HPより)
世界が枝分かれし、人類滅亡のカウントダウンが始まる。超弩級サスペンス!
設定の見事さとそれを上回る大興奮の展開。物語も才能も凄まじい。──山田宗樹(『百年法』『代体』)
枝分かれした「もう一つの世界」が生み出した恐るべき生体兵器。人類滅亡までのカウントダウンがはじまる。
「もう一人の自分」に出会ったとき、世界は音をたてて崩壊する……一気読み必至の予測不能サスペンス!
 製薬会社の研究員・透は、同じ研究チームの北岡の婚約者・可奈恵に秘かに想いを寄せていた。だが北岡の車で帰宅中にタイヤがバースト。可奈恵と透は一命を取りとめるが、北岡だけが亡くなってしまう。
 それから9年後。アメリカである実験が行われていた。アリの殺虫剤のテストという名目だったが、そのアリは被験者15名をあっという間に噛み殺してしまう。──実はこの世界は、誰にも気づかれないまま二つに枝分かれしていた。しかしネバダ核実験場にある“チューブ”を通じて、アメリカと「もう一つのアメリカ」は秘密裏に交流していたのだ。そしてチューブを通過したアルゼンチンアリが「向こうの世界」で交配し誕生したのが、この恐るべき殺人アリだった。
 一見、何の関係もない2つの出来事。だがそれが1つの線で結ばれたとき──世界を揺るがす陰謀が透を呑み込み、彼の運命は大きく変わっていく。


曹源寺評価★★★★★
書店で気になったので読んでみました。黒井卓司センセー、初読です。
黒井卓司センセーは1960年生まれ。2011年の日本ホラー小説大賞最終候補作「さよならが君を二度殺す」でデビュー、だそうです。
本作はホラーというよりはSFサスペンス、いやSFファンタジーですね。
「平行世界が完全に分岐しなかったため、こちらの世界とあちらの世界が一か所でつながっている状態」という設定だけで、最近の異世界ブームに乗っているファンにはたまらないお話の予感がプンプンしそうです。そこに、「両方の世界の生物をかけ合わせると瞬間進化する」という、さらに恐ろしい設定がおまけでついてきます。
そんな世界を舞台にして、日本とアメリカで巻き起こる事件がテンポよく進んでいきます。主人公の早川透とその友人である北岡直樹、直樹の婚約者である可奈恵、そしてもう一つの世界から来た「F」。壮大な設定ですが、その割にストーリーは(ネタバレ注意)


ただの三角関係のもつれ

だったりするので、ちょっと拍子抜けです。
うーん、個人的にはアメリカ映画のような大きな展開を期待したのですが、彼らの行動のモチベーションがあまりたいしたことなくてがっかりです。
それと、ラストもイマイチ締まらないなあという印象です。なんだか、少年漫画の最終回みたいなラストです。
もし自分が作者だったらどうするか、なんて妄想がいっぱいできそうな作品です。自分だったらおそらく、絶望感たっぷりのラストにするかもしれません。
だれも救われないような、、、人類が殺人蟻に滅ぼされるような、、、





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 16:19| Comment(0) | か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集