ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

過去ログページ

2017年08月04日

書評825 大倉崇裕「クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係」

こんにちは、曹源寺です。

積水ハウスが8月2日にプレスリリースした「分譲マンション用地の購入に関する取引事故につきまして」という文書が、久々の大型経済事件として話題を集めました。
どんな事件か、すごく簡単に言うと「わが社は不動産取引で詐欺師にまんまと67億円をだまし取られました」という内容です。
本当に久々の大型事件ですが、なぜかあまり続報がないですね。事件の背景とか犯人像とか取引内容の実態とか、いろいろ知りたいことは多いんですが、簡単に追える内容でもなさそうです。
さて、大型経済事件といえば「コスモポリタン事件」「イトマン事件」「石橋産業事件」「雅叙園観光事件」など、90年代の巨額詐欺事件が思いつきますが、2000年以降はあまり目立ったものがない(のか自分が知らないだけなのか)ですね。パナマ文書なんて、本当はめちゃくちゃすごい事件のはずですが、マスゴミが忖度して大手企業の名前を出さなかったものだからあっという間に下火になりました。
この事件をいち早く報じたのはWebニュースを配信する「東京アウトローズWEB速報版」でした。複数の地面師が暗躍しているという内容で、早くからアングラで蠢いている怪しい人脈を追求していたわけです。
たしか、昨年、新橋で大地主の女性が行方不明となった事件(その後、遺体発見)もWebニュースをメインにしている媒体がすっぱ抜いたんじゃなかったかしら。いずれにせよ、大手マスゴミでは絶対にスクープもできないような事件は、なんだか血が騒ぎます。裏社会の実態をすき間から覗き込んだような、見てはいけないものを見てしまったかのような、そんな気にさせられます。
しかし、Webを中心に活動されているジャーナリストの方々も、それこそピンからキリまでありまして、個人的な感想ですがだいたい半分以上は単なる売文屋でしかなく、調査報道をしっかり行っておられるのはほんの一握りでしょう。思想的にヤバイ人もいますが、事件を追求するという姿勢だけ見れば素晴らしいお方もいらっしゃいますので、そんな人は応援したいですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(講談社HPより)
2017年7月から連続テレビドラマ化!
大人気「警視庁いきもの係」シリーズ待望の第4弾!
ピラニア、クジャク、ハリネズミが登場する傑作中編3作を収録!
学同院大学で起きた殺人事件の容疑者は、クジャク愛好会の奇人大学生! だが無実を信じる警視庁いきもの係の名(迷)コンビ、窓際警部補・須藤友三と動物オタクの女性巡査・薄圭子はアニマル推理を繰り広げ、事件の裏側に潜むもうひとつの犯罪を探り当てる!? 犯人確定のカギはクジャクの「アレ」!?
警視庁の「いきもの係」というべき、総務部動植物管理係の名コンビ、窓際警部補・須藤友三(すどう・ともぞう)と動物オタクの女性巡査・薄圭子(うすき・けいこ)のアニマル推理が楽しめます!


曹源寺評価★★★★
今タームでテレビドラマ化された「警視庁いきもの係」シリーズの最新刊です。須藤友三警部補が渡部篤郎、薄圭子巡査が橋本環奈という、まったく原作を無視したキャラクター設定には少々頭にくるものがありますが、まあドラマなんてこんなもんでしょう。
さて、本作では「ピラニア」「クジャク」「ハリネズミ」の中編3作を収録してあります。このシリーズは短編よりも、そして長編よりも、中編くらいの作品のほうが読みやすくて面白いなあと思います。短編だとあっさりしすぎていて、長編だと冗長に思えるのかもしれません。
「ピラニア」では、マンションの一室で発見された他殺体、その部屋にはピラニアの飼育施設があり、水槽の中にはある会社の社章があったというストーリー。
「クジャク」では、大学生が他殺体で発見される。手にはクジャクの羽根が。目白にある学同院大学の敷地内にはクジャクとその卵が孵化中であった。
「ハリネズミ」では、ある女性が襲われて大けがを負う。彼女はなぜ襲われたのか。飼っているハリネズミの生態をつぶさに追っていくと、その裏にある陰謀が隠されていた。
最後のハリネズミの章は薄圭子でなければ絶対に解くことができなかった事件として、記憶に残りそうな内容です。我が家もハリネズミを飼っていますので、楽しく読むことができました。
「クジャク」では、作者大倉センセーの母校である学習院大学が学同院大学として描かれています。また、学同院大学はセンセーの「オチケン!」シリーズの舞台でもありますので非常になつかしく、素晴らしい描写になっています。さらに、本書に登場するクジャクの名前「サカタニ」と「スカイレインボーハリケーンゴッドフェニックス」は京都大学クジャク同好会に実在するらしいですね。まんま使っているところに、大倉センセーのクジャクに対する愛情とリスペクトがうかがえます。
これだけでも十分に笑えますが、本書シリーズの楽しさはやはり薄圭子と須藤友三のボケツッコミでありましょう。日本人なのに日本語に不自由している薄圭子の天然ボケに、須藤友三が冷静にツッコミを入れるというこの会話。

回を追うごとにこのシリーズは面白さを増してきました。

ドラマなど関係なく長期で続けていただきたいシリーズです。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 18:20| Comment(0) | あ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集