ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2009年07月12日

書評185 伊坂幸太郎「モダンタイムス」

先日、某民放のニュース番組に知り合いの家族が出演しました。節約する家族をサポートする怪しげな主婦の知恵を、子育てに奮闘するパパが習得するという内容です。その知り合いはお子さんが4人、そして母親のおなかの中には5人目の赤ちゃんが。。。すごいなあ、5人育てる母親っていうのはハンパじゃなく体力ありますね。もちろん、母親だけでなく父親の役割も重要でしょうが。そのパパさんはもと寿司職人だったので番組中では「和食の達人」などと字幕が出たりしていました。でもなぜか寿司職人とはでなかったあたりが、ニュース番組とはいえちょっとずるいというかせこいというか、おいおい真実を伝えていないんじゃないの?と思うところです。それに、ノーギャラだったそうで。せこいwwwwwテレビ局せこすぎwwwwwwww

内容(講談社HPより)
検索から、監視が始まる。
岡本猛はいきなり現われ脅す。「勇気はあるか?」
五反田正臣は警告する。「見て見ぬふりも勇気だ」
渡辺拓海は言う。「勇気は実家に忘れてきました」
大石倉之助は訝る。「ちょっと異常な気がします」
井坂好太郎は嘯く。「人生は要約できねえんだよ」
渡辺佳代子は怒る。「善悪なんて、見る角度次第」
永嶋丈は語る。「本当の英雄になってみたかった」







曹源寺評価★★★★
本書はあの「魔王」の続編でした。「魔王」は伊坂作品のなかでは個人的に高い評価を与えてはいませんので、もんでいる途中でそれを知ってから、ちょっと萎えてしまいました。
いや、楽しいですよこれは。前半はやや展開が遅めですが、中盤は結構いいテンポで話が進んでいきます。後半はイマイチです。テーマはいいのに、なんだか消化しきれていないような、そんな感じを受けました。
「人は分からないことに直面したときにどうするか」この答えは「検索する」です。その、検索というのは、すでに商売が成立していて、いわゆるアフィリエイト広告というのは検索した人の属性、つまり、男性か女性か、既婚か未婚か、30代なのか40代なのか、持ち家なのか賃貸なのか、こうした個人情報が筒抜けになっているわけで、これを逆に使えば検索した人を(つまり調べようとした人を)特定して排除することも可能であると、そんな近未来を描いた作品なわけです。中国なんかこうしたことをしてもおかしくないですね。なんて、こんなことを書いた人も排除され・・・おや、こんな時間に誰か来たようだ。

すんません、2ちゃんネタです。戻りましょう。
あの「ゴールデンスランバー」で見せた伏線に次ぐ伏線も、本書ではなんだか消化し切れていないような。。。これって続・続編みたいなのが出るんですかね。そんな微妙な読後感を与えてくれる本です。
伊坂作品では「ゴールデンスランバー」と「アヒルと鴨のコインロッカー」が個人的には大好きですが、「魔王」や「オーデュポンの祈り」などはあまり好きではないですね。あとは「砂漠」とかいいですね。本書は「魔王」の続編だが「ゴールデンスランバー」の兄弟でもあるということです。そう考えると評価も中間かな。










あなたの一票がブログ更新の励みになります。よろしくお願いいたします。

banner2[1].gif


posted by 曹源寺 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク集