ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2016年03月28日

書評699 大倉崇裕「GEESKSTER 秋葉原署捜査一係 九重祐子」

こんにちは、曹源寺です。

舛添、リコールしたいなあ。
猪瀬のときはあれだけ騒いだのに、なぜ舛添はメディアが総叩きしないのかなぁ。
市ヶ谷商業高校跡地の問題だけじゃないんだけどなぁ。
なんで都知事なのに外交やっているんだろうなぁ。
保育園問題は国の施策ではなくて地方自治体の所管なのに、なんで安倍首相が叩かれて都知事が叩かれないのかなぁ。
待機児童ナンバーワンの世田谷区長なんてもっと叩かれてもいいはずなんだけどなぁ。
おかしいよなぁ。

振り返ると、バブル崩壊以降の日本は女性の社会進出が進み、共働きも増えて、核家族化も進展しているという社会構造の変化があったはずなのに、この構造変化に対応しきれていない分野や業界、自治体、教育システムなどが相当数あって、あちこちで歪みを起こしているというのが実態なのではないかと思います。
自分が社会人成り立てのときは、おそらくその2年くらい前に初めて、総合商社が女性の総合職を採用した!なんてニュースがあったように記憶しています。今じゃ当たり前ですもんね。

女性の社会進出が進むと、男性の受け入れが進まなくなり(女性のほうが勉強は優秀だったりしますね)、男性の非正規雇用やニートが増え、将来の生活設計ができない人が増え、人生に悲観的になり、治安は悪化します。
女性の社会進出が進むと、晩婚化が進み、出産率が低下し、人口が減少するため、地方の過疎化が進んだり経済が停滞したりするようになります。

言っておきますが、これは差別的発言ではなく、「何も手を打たなければ」こうなりますよ、というシミュレーションです。だから、こうした社会構造の変化に対して何らかの手を打つべきである、という建設的意見の前提条件としてこうした現実を認識しなければなりません。

働き方を見直すとか、育児の方法が多様化されるとか、出産後も社会復帰がスムーズに行えるようにするとか、やらなければならないことがたくさんありそうです。20年前のシステムを動かしているような古い構造にメスを入れ、変えるべきところをしっかりと見直していく動きが社会全体に求められているはずです。その優先順位(プライオリティ)が分かっていない政治家には早々にご退場いただきましょう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(KADOKAWA HPより)
秋葉原署捜査一係に着任した九重祐子は連続傷害事件を捜査中、秋葉原で悪事を働く者に制裁を下す闇のヒーロー〈ギークスター〉と出遭う。悪党から街を守るのは警察か、それともダークヒーローか!?


曹源寺評価★★★★
秋葉原を舞台にした警察小説は珍しいと思いますが、なぜ秋葉原なのかという謎は大倉センセーの趣味というか志向にマッチしているのが理由である、ということが本書を読むと良くわかります。
大倉センセーは自ら怪獣大好きを明言されていまして、先般は未知の怪獣と戦う小説「BLOODARM」を上梓されたばかりです。そんな大倉センセーが秋葉原を舞台に小説を描いたら、まあそりゃこうなりますわな、という作品です。
交通課から捜査一係に異動したものの仕事をさせてもらえず、署にやってくるオタクたちの相手をしている毎日だった九重祐子。しかし、街に流れる噂を収集するうちに「GEEKSTER」の話を聞くようになり、放火事件や乱闘事件などの真相に迫っていきます。GEEKSTERの正体を知った九重は、彼が待ちの治安維持を目的にしていないことを見抜き、彼と共闘するもののどこかに一線を画すようになります。GEEKSTERの最後の敵との対決、決着は、、、
スピード感溢れる展開と無駄を省いたストーリーテリングで一気に読ませてくれますが、警察内部の話とか12年間の展開などを相当すっ飛ばしていますので

端折りすぎやん

と突っ込みたくなる場面もなきにしもあらずです。
大倉センセーといえば山岳小説のほか「福家警部補シリーズ」でみせる倒叙モノだったり、「容疑者シリーズ」のような動物系警察小説だったりが有名ですが、センセーの本質はもしかしたらこうしたオタク系ディープ小説なのではないかと勘ぐっています。しかし、それは嫌いではありません。

むしろ、好きです

怪獣モノとかヒーローモノとか大倉センセーに原作を書いて欲しいくらいですわ。本書に登場する怪獣は「透明バルバドン」です(といっても別に怪獣と戦うわけではありませんが)。ぜひ再登場させていただきたいですね。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435807400
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
タグクラウド
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集