ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2016年04月08日

書評702 新野剛志「溺れる月」

こんにちは、曹源寺です。

世界ではパナマ・ペーパーズのことで大騒ぎみたいですが、日本はマスゴミが大した報道をしていないので騒いでいるのはネット民だけという有様です。
まあ、確かに、タックス・ヘイブンにペーパーカンパニーを置くだけでは違法ではありませんし、そこで租税回避したのか、あるいはマネーロンダリングしたのか、あるいは何もしていないのかによって法律上もモラル上も大きく違ってきますから、現時点で大騒ぎする必要はないのかもしれません。

ただ、なぜ世界が大騒ぎしているのかという点に関してはきちんと言及すべきだと思いますし、日本でもただでさえ税収が不足しているというのに金持ちの奴らときたら脱税もどきのことしやがって、といった道義的な(あるいは嫉妬的な)問題は残るわけですから、リストに載っている企業なり公人なりは説明責任を果たすべきだと思います。知らんフリはできないでしょうし、そのうち文春か新潮が取材に来ることは間違いないでしょう。
それとも、電通がリストに載っているから文春あたりは話題にできないでしょうかね。たしか、文春の広告は電通の取り扱いだったような気が、、、

まあ、このパナマ・ペーパーズはファイル容量が半端ないので、続報をしっかりと待とうではありませんか。今年の一番のヒットニュースになること、間違いなさそうです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(小学館HPより)
乱歩賞作家が放つ疾走ランニングミステリー
平凡な公園ランナーの自分が、大勢の見も知らぬひとから見つめられているなんて・・・・・・。
インテリア会社社長の高木雅弘は、所属するランニングサークルの仲間との「レース」にはまっていた。
ある日、高木のもとに一通の郵便が届く。そこには「明日のレースには負けなさい。さもなければ、ひとが死にます」と書かれていた。
翌日のレースに高木が勝つと、レースが行なわれた公園内で、本当に男の死体が発見される――。
江戸川乱歩賞作家が放つ疾走!狂走!ランニングミステリー!!


曹源寺評価★★★★★
ランニングミステリーとはこれまたストレンジな作品が登場してきました。新野センセーは旅行代理店出身ですからその手の題材には強いですが、たまに風俗嬢や左翼活動家、女子高生などさまざまな主人公を登場させますので取り扱うジャンルが本当に幅広いなあと感心します。
本書は元官僚にして家具メーカー・インテリア工事を請け負う会社の社長である高木雅弘が主人公です。駒沢公園で賭けレースを行っている主人公とそのサークル仲間たち。ある日、高木の元に一通の手紙が届き、レースに負けないと死人が出ると脅迫する。高木は何かのいたずらと思いそれを無視するが、レースの翌日に本当に駒沢公園で男性の死体が発見される。
うーん、ここまではミステリですな、間違いなく。

問題はここからですわ。

この事件は(以下、ネタバレ)



早々に犯人が分かってしまいます。なんぞこれ。
そこからは冒頭とだいぶ異なる展開になりますが、高木がどんどん悪に染まっていくことになります。
ですから、本書はミステリというよりもクライムノベルと呼んだほうが正確かもしれませんね。
人を喜ばせることができる職業と思って官僚になった高木が、自分の走りを応援してくれる存在に出会ったとき、これが悪であったとしても切り捨てることは容易ではないという感情。常に合理的な判断によって動く人間であっても、トータルで俯瞰してみると実は全然合理的ではなかったということ。人間が最後にほしがる名誉欲について、優秀な人間であっても結局はそれに抗うことができないこと。直接的に手を下さなくても反社会的勢力と組んだ時点で共犯であり、悪事を知っていてそれをスルーすることは同罪であること。などなど、この高木という人物を通じて考えさせられることが非常に多い作品に仕上がっていると思います。
ただねぇ、後味が悪いんですよ。クライムだからしょうがないといえばしょうがないですが、根っからの悪党が転落していくのとちょっと違いますからね。高木の中で何かが少しずつ壊れていく様は、普通の人にはあまり理解できないものかもしれません。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集