ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2016年06月03日

書評717 大倉崇裕「天使の棲む部屋−問題物件−」

こんにちは、曹源寺です。

祝!増税延期!!
安倍首相でなければできなかった決断ではないかと思います。財務省と外務省を押し切ることができる内閣というのは、強い内閣であると言って良いでしょう。
財政の均衡よりも経済の成長を促すべきという論調は至極真っ当なのでありますが、日本の新聞社はこの決断さえも「目先の選挙対策」とか「社会保障の財源はどうするのか」といった内容でしか論評できないようです。
まあ、そもそも安倍首相も「リーマン・ショック級のクライシスや大震災がなければ増税する」などと発言していました。これは裏を返せば「月次の経済指標は無視する」と言っているに等しいわけで、これを修正して「新たな判断」としたのはまあ評価できます。

新聞各社の社説を見出しで比較してみましょう
【読売】消費増税延期 アベノミクスをどう補強する(6/2)
【朝日】増税再延期 議論なき決定の異様さ(6/1)
【毎日】増税再延期表明 未来への責任はどこへ(6/2)
【産経】消費増税の再延期 今度こそデフレ脱却を 社会保障への影響食い止めよ(6/2)
【日経】成長と財政再建の両立捨てるな (6/1)


朝日と毎日は「ツケを未来に回すな」といった内容が中心です。読売と産経、日経は「経済成長を優先するのは分かったが、社会保障の財源のためにも財政再建は無視するな」という内容、それと「ムダを省く構造改革も必要だから考えろ」です。

読むと納得してしまいそうになるのですが、そもそも財政再建は優先順位としてそんなに高位にあるのか、どうしてもそこが疑問符なんですよね。
「国債の信認が〜」とか「プライマリーバランスが〜」とか言う財務省ですが、本当にそうならすでにシングルAマイナスまできている日本国債はもっと金利が高くてもおかしくはないのですが、なぜかスルーされています。
ムダを省く構造改革は個人的にはあまり反対ではないのですが、経済関連の人気ナンバーワンブロガーである三橋貴明センセーはもっと積極財政しろと主張されています。

積極財政は個人的にも賛成ですし、インフラ強化のための投資は怠るべきではないと思っています。しかしですね、Fラン大学をどんどん作っては教授職に自分たちのところの役人を送り込んでいる文部科学省みたいなところは、どんどん予算削減しても良いのではないかと思ったりもします(これはマスゴミも一緒に乗っかっているので性質が悪いですわ)。Fラン大学は百害あって一利なしです。
あとは資格ビジネスに熱心な天下り団体とか、公営ギャンブルを運営する特殊法人とか、UR(都市再生機構)のようなゾンビ団体とか、叩けばホコリがいくらでも出そうな公益社団法人などは民間の活力を阻害していると判断されれば即、廃止にするべきだと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(光文社HPより)
大島不動産販売・販売特別室の若宮恵美子は、桁外れの「問題物件」のクレーム処理に悪戦苦闘、危機一髪のところを何度も犬頭光太郎という奇天烈な男に助けられている。文字通り人間離れした力を持つ犬頭は、前社長の遺児・大島雅弘が大事にしているぬいぐるみ・犬太(いぬた)の化身なのか……?そんな恵美子に新たに押しつけられたのは、アメリカのアリゾナ州の外れに建つ洋館だった。「天使の棲む部屋」と呼ばれる一室では、犯罪者ばかりが何人も拳銃自殺を遂げており、死者は50人とも100人とも言われているというのだが――。


曹源寺評価★★★★
難病で苦しむ男のぬいぐるみが化けて!?活躍する「問題物件」シリーズの第2弾です。って書くと、なんだかラノベのようですね。軽く読めるという点で、あながち間違いではないですが。
主人公の若宮恵美子は2代目社長になるはずだった雅弘のお世話をしているという設定。しかし、この雅弘が難病に侵されていて社内も雅弘を追い落とそうとする勢力がいる内紛状態。雅弘の部署である販売特別室には曰くつきの物件が次々と舞い込んできて、恵美子はその処理に追われるが、ピンチになると颯爽と現れるのがこの犬頭光太郎であります。なんだかヒーローものにも聞こえますね。
連作短編4作品が収録されています。ちょっとしたミステリにもなっていますので、「問題物件」に仕掛けられていた謎が解き明かされるまでの展開は比較的軽めであるものの、内容はかなりシビアだったりします。この辺りのギャップの激しさは「警視庁総務部動植物管理係」シリーズにも見られる大倉センセーならではの特徴かもしれません。
しかしながら、犬頭光太郎の無双さが際立ってきましたので、

シビアだけれどもファンタジー、ミステリだけどもファンタジー

という、なんとも言えない味わいがここに生まれました。楽しく読めるシリーズです。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集