ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2016年06月21日

書評722 麻見和史「深紅の断片」

こんにちは、曹源寺です。

昨日は沖縄県で米海兵隊に属する男性が暴行殺人で捕まった事件に関して、地元住民(!?)による抗議集会が行われていたことが大きなニュースになりました。

正直申し上げますと、この手の報道にはうんざりです。
個人の犯罪をそいつの属する団体の責任に摩り替えるのはもうやめにしませんかねぇ。今回のは軍属の人間が犯した罪だけど、軍の命令があってやったわけではないし、軍に何らかの責任があるわけでもないでしょう。
「海兵隊がいなければこんな犯罪も起きなかったんだから海兵隊の撤退を求めることに何の間違いがあるのか?」という主張は、一見正しいようで実は大間違いです。

なぜなのか?
では、こう言い換えてみたらどうでしょう。
「底辺高校の教師がわいせつ事件を起こした。底辺高校は生徒のみならず教師も底辺なのか。こんな危険な学校があるからわが町は危険に晒されるのだ。ただちに移転せよ」
こんな主張をされたらものすごく違和感を覚えますよね。沖縄で活動している連中はまさしくこれと同じ主張をしているわけですよ。もしもこんな発言が飛び出したら人権派の弁護士が黙っていないでしょう。大挙して現地に押しかけてきますよ。
もっと過激な言い方をすればこうなります。
「朝鮮学校の生徒が暴力事件を起こして他校の高校生が死んだ。朝鮮学校は反日教育をしている。こんな危険な学校があるからわが町は危険に晒されるのだ。ただちに移転せよ」
こんな主張と本質は一緒です。
つまり、今回の事件でいくら「沖縄県民の我慢は限界に近づいた」などと叫んでも、これを米軍撤退のための錦の御旗にするのはある意味人権侵害であり、差別でもあるということです。
これを県知事が先頭に立って発言しているのが今の沖縄の現状です。

こうした集会を意気軒昂として報道するマスゴミの姿勢にも疑問です。マスゴミはむしろ、こうした先鋭的な活動が差別の助長につながるとして住民に冷静さを求めなければならない立場のはずですが、率先して報道を繰り返すマスゴミは人権侵害と差別を助長していると言っても過言ではありません。
犯人は厳罰に処されるべき(死刑でもいいくらい)ですが、これを政争の具に使う連中(○核派とかね)と報道で煽っているマスゴミには本当に辟易とします。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(講談社HPより)
犯人の119番通報で、事件の幕が開く!
救急隊の若き隊長・真田健志は、血気盛んな後輩・工藤、運転のエキスパート・木佐貫と三人一組で出動する日々をおくる。ある晩、「少女が閉じ込められている、早く助けないと死ぬ」と、犯人と思しき相手から通報が!監禁された少女は衰弱し、背中にはトリアージタッグを模したシールが貼られていた。四色の紙片(タッグ)は、本来、疾病者の治療優先順位を示すためのもの。しかし、現場に残された紙片は、被害者をどれだけ痛めつけたのかを表し、次の事件を示唆していた。彼らは、人々の命と町の平穏を守ることができるのか!?


曹源寺評価★★★★★
消防・救急関係のミステリといえば日明恩センセーが常連として有名ですが、麻見センセーがこのジャンルにチャレンジしてこられましたので読んでみましたよ。
主人公の真田が所属する救急隊に、犯人と思しき人物からの119番通報が入る。真田が現場に急行すると、廃工場の大型冷蔵庫に閉じ込められた少女を発見する。少女の足もとにはなぜか大量の血液が残されていたが、少女は大量出血していたわけではなかった。そして、少女の背中にはトリアージタッグのようなシールが貼られていた。
少女は一命を取りとめたが、同様の事件が続いた。なぜ、被害者にタッグがついて大量の血液が残されていたのか。
とまあ、なかなかに謎な展開ですので読み手としては続きが気になりどんどんページが進んでいきます。
途中、救急隊に別の救急事案が続いてしまうので話が脱線しているように思えるのですが、

これがどっこい伏線だったりする

のでまったくもって気が抜けません。全然関係ないと思っていたらつながるつながる、、、おぉ、つながった!みたいな感じです。
ラストもちょっと意外な展開なので、ミステリとしてはまあ楽しめるほうではないかと思います。残念なのは登場人物の書き分けがやや雑であったこと、事件の鍵を握るトリアージタッグについての理解が予備知識なしだとちょっときついこと、そして警察の動きが連動しなさすぎなこと、の3点が挙げられましょうか。このへんが肉厚だったらもっと面白かったのではないかと思いました。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
リンク集