ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2016年07月26日

書評730 川瀬七緒「女學生奇譚」

こんにちは、曹源寺です。

ネットニュース配信の一角を占めるJ-CASTですが、街ネタを配信する「Jタウンネット」というサイトも運営していまして、こちらでは東京都知事選挙の泡沫候補にもスポットを当てた記事を配信しています。

主要3候補「以外」の都知事選(1)高橋尚吾さん 「選挙は戦いじゃない」他候補の応援演説続ける(7/25)

主要3候補「以外」の都知事選(2)後藤輝樹さん 軍服ポスター、「放送禁止」政見放送、素顔(7/26)


いいですねぇ、こういう情報が欲しいのですよ都民は。
無党派層が4割を占める東京都では、選挙終盤においても態度を明確にしない人が多いため、票読みが難しいわけですが、だからといって主要候補だけを報道の対称にしている大手マスゴミはこうした泡沫候補には一切焦点を当てることをしません。キワモノだというのは理由にならないんですよ。予備選挙でもあれば別ですが、そういう制度ではないのですべての候補者が機会平等であるべきですよね。
確かに、後藤候補なんてキワモノですよ。マック赤坂候補だって絶対当選圏には入ってこないというのも分かってはいるんです。
しかし、いみじくも公共の電波を借りている放送局は多くの人に広く知らしめる義務があるはずです。

山口候補は泡沫候補に呼びかけて合同で立会演説会を開催しました。
私の政策も知って!=候補12人が街頭演説会【都知事選】(時事通信7/25)

こういうことをしなければ話題にしてもらえないという現状は、果たしてどうなのかなあと思います。山口敏夫なんて完全にオワコンですが、こういう粋な計らいをされるとちょっとグッときますね。逆にこうした場にも登場しない鳥越はどんどん評価を落としています。些細なことかもしれませんが、こうした評判の積み重ねは選挙にとっては大事ですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(徳間書店HPより)
フリーライターの八坂駿は、オカルト雑誌の編集長から妙な企画の依頼をされる。「この本を読んではいけない……」から始まる警告文と古書を、竹里あやめという女が持ち込んできたのだ。その古書の本来の持主である彼女の兄は数ヶ月前に失踪、現在も行方不明。このネタは臭う……八坂は、タッグを組むカメラマンの篠宮、そしてあやめとともに謎を追う。いたずらか、狂言か、それとも――。最後まで目が離せない、サスペンスミステリー!


曹源寺評価★★★★
川瀬センセーといえば「法医昆虫学捜査官」シリーズというややグロなミステリでちょいブレイクした乱歩賞出身作家ですが、今回はグロではなくホラーチックな作品でありました。
オカルト雑誌に寄稿するフリーライターの八坂と、タッグを組むカメラマンの篠宮。二人は編集長の依頼で竹里あやめから奇妙な古書とその本の間に挟まれていた謎のメモの解読を要請される。
その古書は依頼人であるあやめの兄が持っていたもので、兄は失踪していた。古書を読み始めた八坂は隠された手がかりから情報を集めるが、彼の周辺では怪しい動きも、、、
全体に流れる雰囲気がややオカルト的で、こんなジャンルにまで手を伸ばしている川瀬センセーの力量がハンパねえっす。
昭和3年発行の古書「女學生奇譚」はもちろん、舞台装置のひとつでしかないのですが、その内容を引用したというかたちで一部が収録されています。これがまた当時の風俗をうまく表現していて時代感溢れています。
この本に流れている一風変わった雰囲気は、横溝的というか乱歩的というか島田荘司的というか、ちょっと暗めですが味わい深いですね。キャラクター造型もなかなかに凝っているので、このメンバーで別のお話を書いて欲しいレベルです。特に主人公の八坂は遺伝子の異常により扁桃体が機能しない「ウルバッハ・ビーテ病」により、まったく恐怖を感じない体質であるという設定です。しかも一卵性双生児で弟がいて、、、
このへんのくだりがあっさりしているので、

なおさら興味をそそるのですよ。

あと、余談になりますが、この本を持って電車に乗るとタイトルを見た人から

奇異な目で見られること請け合いです。

「女學生」という単語は中年男性と相性が悪いです。気をつけましょう。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 19:30| Comment(1) | TrackBack(0) | か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント、失礼いたします。
書評コミュニティサイト「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

今回レビューを拝読し、ぜひ本が好き!にも書評を投稿していただきたいと思いコメントいたしました。

本が好き!URL: http://www.honzuki.jp/

本が好き!では、書評(レビュー)をサイトに投稿していただくと本がもらえる、献本サービスを行なっております。

献本は書評(レビュー)を1件以上ご投稿いただけると申し込み可能となります。貴ブログの過去のエントリを転載いただいても構いませんので、ご投稿いただければ幸いです。
(そのため、ご登録後すぐは献本サービスのご利用ができませんので、ご登録後にinfo@honzuki.jpまでご連絡いただければ幸いです。)

書評家さんの交流も盛んで、本について語れるサイトとなっております。

ご自身の書評サイトと併用で利用されている方も多いです。
(弊サイトの書評掲載画面に、貴ブログへのリンクを貼ることができます。)

よろしければ一度サイトをご覧いただけますと幸いです。

不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください。(info@honzuki.jp)

どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 本が好き!運営担当 at 2016年07月27日 11:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集