ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2017年01月17日

書評774 矢月秀作「サイドキック」

こんにちは、曹源寺です。

今年最大級の寒波が日本を襲っていて、寒い日が続いています。我が家のハリネズミは24℃以下になるとよろしくないので、リビングはこのところ床暖房をつけっぱなしです。たぶん、今月のガス代は半端ないだろうなぁと思うと気が滅入ります。

さて、今週末はトランプ氏が米国新大統領に正式就任となります。どのような演説を刷るのか非常に楽しみですが、CNNやニューヨーク・タイムズなどが選挙前も今も攻撃の手を緩めていませんので、米政府vs米マスゴミという構図がとても気になるところです。
個人的には日本も米国も新聞という媒体においては、主義主張を明確にして意見を戦わせることにあまり異議はありません(もちろん報道しない自由というやつはNGですが)。そのうえで読者が離れようと、会社が潰れようとそれは自由です。
しかし、電波はいけません。電波は国民のものですから、ラジオやテレビはあくまでも公正中立であるべきだと思います。
米国はテレビと新聞の資本が切り分けられていますから、CNNは独自の政治的意図を持ってトランプ氏を攻撃しているのだと思います。
日本の場合はテレビと新聞の資本がコングロマリット化されていて非常によろしくない状況なわけで、まずはここが切り離されなければならないと思います。そのうえで、新聞媒体は社説で何を書こうが好きにすれば良いのです。


(2017/1/17)
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(角川春樹事務所HPより)
警視庁青山中央署の刑事課には、二人の名物刑事がいる。一人はチョビ髭で、頭部も薄い中年刑事・三木本鶴麿。もう一人は長身でスレンダーだが、キレたら恐ろしい最強美人刑事・御前静香。鶴麿はどこからどう見ても冴えないただのおっさんだが、いつもミラクルを起こし事件を解決に導く。そんな鶴麿に静香はぞっこんで、二人の関係は、青山中央署の七不思議のひとつだ。そんな中、青山の宝石店で強盗殺人事件が発生し、名物凸凹コンビが捜査に乗り出した――。傑作エンタテインメント警察小説。


曹源寺評価★★★★★
矢月秀作センセーは初読です。文庫の警察小説を中心に結構な数を発刊されていらっしゃいますが、文庫のコーナーにあまり顔を出さない主義のため、チェックが行き届いておりません。同じような対応になってしまっている作家センセーに、濱嘉之センセーや末浦広海センセーなどがいらっしゃいます。いきなり文庫は本当にいやです。
さて、本書ですが、だいぶコメディタッチな警察小説でありまして、チビデブハゲの三拍子揃ったちょび髭の中年刑事、三本木鶴麿が主人公です。重要な脇役には美人で格闘技の達人、御前静香を配置して事件を解決に導きます。しかし、鶴麿の性格はやや意地悪く、手柄を欲して止まないただのオッサンであります。そんな鶴麿に静香は心底惚れてしまっています。なぜかは書かれていません笑
そんな鶴麿はいつもミラクルな運で重要な手がかりを見つけたり犯人を捕まえたりしています。
鶴麿が勉強不足だったり記憶違いだったりしたことに起因したミスも、周りの勘違いで手柄になったりします。そんな鶴麿の性格がひどく悪いところに本書のキモがあるのかもしれませんが、

たぶん読者は共感できていません

どうせなら、性格がよくてひ弱で人情派なキャラにミラクルなラッキーをかぶせたら共感を得られたのではないかと邪推してみます。
そうしたら

土曜9時の日テレでドラマ化していたのではないかと思います。

タイトルは「ラッキー刑事」、主人公はムロツヨシか小日向文世、あるいは竹中直人あたりで。
本書はそんなドタバタ系のお話ですが、ラスト周辺はあまり盛り上がりません。いや、盛り上がるのですがいろいろ回収不足なところが気になって読者として盛り上がれませんでした。
コメディであっても警察小説としての骨格みたいなところがしっかりしていないと、中途半端なイメージになってしまうということが本書を読むとよく分かります。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | や行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集