ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2017年04月11日

書評795 深町秋生「探偵は女手ひとつ」

こんにちは、曹源寺です。

報道では「いわゆる共謀罪について〜」といった表現を使っているテレビ朝日などが、決して「組織的犯罪処罰法の改正」と正式に言わないんですが、もうこうしたレッテル貼りはやめませんかね。

統合リゾート法→カジノ法
平和安全法制→戦争法
組織的犯罪処罰法→共謀罪
日本食認定制度→すしポリス

これ全部どこかの政党かマスゴミが言い換えたんですよ。ほかにもレッテル貼って一般大衆を誤認させているのがありそうですので、今度まとめて調べてみようと思います。
特にこの組織的犯罪処罰法については、批准していない国が先進国では日本だけ、世界でも極めて小数になっているというのに、いろいろな理屈を捻じ曲げては反対している政党、団体、マスゴミが目に付きますね。
「表現の自由が侵害される」とか言いますが、ではスパイ防止法とかテロ対策法を批准している国は表現の自由がないのでしょうか?
否、まったくそんなことはないですね。欧州各国はほとんど批准していますので、これはまったく矛盾しています。もう屁理屈をこねても一般大衆は分かっていますので、いい加減にくだらない反対運動はやめて欲しいものです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(光文社HPより)
椎名留美は娘とふたり暮らし、山形市で探偵をしている――とはいうものの、仕事のほとんどは便利屋の範疇だ。パチンコ店の並び代行、農家の手伝い、買い物難民と化した高齢者のおつかい、デリヘルの女の子の送迎などなど。シーズンを迎え、連日さくらんぼ農家の手伝いをする留美に、元の上司である警察署長から、さくらんぼ窃盗犯を突き止めて欲しいという、久し振りの探偵らしい依頼が入ったのだが……。


曹源寺評価★★★★
深町センセーの最新作は連作短編の探偵モノでしたが、これがまたすごかったです。何がすごいって、舞台が山形市でちょっと仙台市内まで足を運ぶことがあっても基本は山形。元警察官にして夫とは死別している一児の母、椎名留美が主人公です。探偵事務所を開いているものの、依頼の大半は便利屋で、農作物の収穫の手伝いとかパチンコ屋の行列の代行とかデリヘルの送迎とか雪掻きとか、田舎ならではのさまざまな仕事に従事している。そんな留美が探偵らしい仕事をすると、いろいろと事件に巻き込まれていく。。。
地方の農村地帯を舞台にした探偵モノ、というジャンルは横溝正史のようなおどろおどろしいやつは別にして、あまりお見かけしたことがありませんでした。なんだか

コッテコテの山形弁が一周廻っていい感じ

に、ほんわかしています。
ストーリーは全然ほんわかではないのですが、留美の相棒役となっているのは地元の伝説の元ヤンだし、一番最初のお話は山形名物さくらんぼの窃盗事件ですwww
ちょっと悲惨な事件もありますが、全体を覆っているなんとも長閑で素朴な雰囲気は紛れもなく山形のそれでありました。
留美の武器はGPS発信器とスタンガンです。これもまたステキ。今度はこれで長編でも書いていただければ最高です。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | は行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集