ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2017年05月26日

書評805 黒川博行「喧嘩(すてごろ)」

こんにちは、曹源寺です。

明治がお菓子のロングセラー商品「カール」を中部以東で販売終了すると発表しました。明治はついこの前もロングセラー商品「カルミン」を製造中止していますので、これからも製造をやめる商品が出てきそうですね。
さっそく、メルカリやヤフオク!では転売ヤーが湧いてきていまして、そこに需要があるとみなされれば個人で売り買いに走る輩がたくさん出現していることが良く分かります。

ネット社会になって久しいですが、この転売ヤーに限らず、ブログのアフィリエイトで稼ぐ人やYouTubeで動画配信して稼ぐ人、キュレーションサイトに記事を書き連ねている人やツイッターに自分で描いたマンガを貼り付けている人などなど、インターネットでは個人で稼ぐ仕組みがだいぶ確立されてきたように思います。
それゆえに、リアル社会とネット社会の間にある種の隔たりができつつあるのではないかとも思います。たとえば、転売ヤーの個人取引においては課税がなされることはなく、この売り上げもGDPに加算されることもないわけで、一昔前ならこれは「アングラ経済」と呼ばれてもおかしくはない経済活動なわけです。個人消費の停滞とかデフレ再びとか言われつつありますが、このアングラ部分はもう無視できない存在になっているのではないかと危惧するわけです。
そろそろ財務省や国税庁あたりは課税方法を編み出してきそうな気がしますが、それはさておき、モノの売買が実体経済に隠れているのとは対照的に、情報の世界ではネットとリアルがごっちゃごちゃになってきた印象があります。

たとえば、加計学園の問題(何が問題なのかよく共有されていないのも問題ですが)に関する報道では、客観的な報道が
文科省から文書がリーク→元事務次官が本物と認める→野党が証人喚問を要求
という流れですが、その本質(というか書きたい本音)は
総理あるいは官邸が特区認定に恣意的な働きかけをしたのではないかという疑惑がこれで深まった
というものです。
しかし、一方ではこういう報道もあります。
文科省事務次官が組織的な天下りに関与していた→辞めさせられる→意趣返しとばかりに文書をリーク→でも文書の出所を明言しない→国家公務員の守秘義務違反じゃね?
また、
事務次官は出会い系バーに入り浸っていた→こんな信頼の置けない奴のリークなどフェイクかもしれないね
という主観的報道もあったります。

これまではだいたい、報道が客観的であるのに対してネットでの意見表明や書き込みが主観的あるいは感情的であることが多かったのですが、最近は報道のほうが感情的だったりするように思うわけです。
それに記事の内容もある種の「為にする」記事であることのほうが目につきます。この「為にする」報道に対してネットの書き込みのほうが客観的だったりすることがけっこうあったりしまして、すごく冷静に考えれば今回の件も、報道のほうが過熱気味でネットのほうが冷静にツッコミを入れているような、そんな気がします。

これをどう捉えたら良いのか、そろそろ社会学の先生あたりから論文が出てきそうな感じですが、個人的にはこれまでネットを見下してきたマスコミが、いつの間にかネットから見下されるようになっていた、という論調で2、3本書けそうな気がします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(KADOKAWA HPより)
売られた喧嘩は買う。わしの流儀や――。
直木賞受賞作『破門』、待望の続編。
建設コンサルタントの二宮は、議員秘書からヤクザ絡みの依頼を請け負った。
大阪府議会議員補欠選挙での票集めをめぐって麒林会と揉め、事務所に火炎瓶が投げ込まれたという。
麒林会の背後に百人あまりの構成員を抱える組の存在が発覚し、仕事を持ち込む相手を見つけられない二宮はやむを得ず、組を破門されている桑原に協力を頼むことに。
選挙戦の暗部に金の匂いを嗅ぎつけた桑原は大立ち回りを演じるが、組の後ろ盾を失った代償は大きく──。


曹源寺評価★★★★★
「疫病神」シリーズの最新刊です。前作の「破門」は2014年上半期の直木賞を受賞しました。建設コンサルタントの二宮と本職の893である桑原のコンビが巻き起こす騒動をコミカルに、かつ大胆に描いたこのシリーズは黒川センセーの出世作でもあります。
桑原は前作の最後にタイトルの通り二蝶会を「破門」になりましたので、正確にはカタギということになりますが、逆にカタギのくせに本職に喧嘩を売るというとんでもない立ち回りを続けていきますので、本書のほうが前作よりもエキセントリックです。
いつ後ろから刺されてもおかしくない状況で、悪辣な政治家秘書を脅し、議員事務所にカチコミを入れ、拉致し、殺しの現場をあつらえて(芝居ですが)相手をとことん追及する、というとんでもないカタギが桑原という男です。

「人間、首まで土に埋めたらなんでもいうことを聞く」

という桑原のセリフ、これを書ける人はもう黒川センセーしかいないのではないかと思いました。
関西ヤクザの真髄を見るかのようなこの立ち回り、痺れるほど面白いのですが、二宮との掛け合いをはさんでいるのでシリアスさがスポイルされてとってもコミカルになっているところが本書の良い所でもあろうかと思います。
それにしても、暴対法以降の厳しい環境下において、彼らの行動は大きく制限されています。金に困っている団体も多いと聞きます。そんななかで彼らの資金源となっているのは何かというと、社会福祉法人らしいです。どんなシノギなのか知りたいので、ぜひ今度はこの辺の業界をテーマにして黒川センセーに書き上げていただきたいと思います。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集