ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2017年06月13日

書評810 黒川博行「果鋭」

こんにちは、曹源寺です。

そういえば、今月の5日にサウジアラビアとエジプト、バーレーン、UAE、イエメンの5カ国がカタールとの国交を断絶しました(その後、モルディブも加わって6カ国に)。これって国際的にはすげえニュースなはずですが、国内ではあまり大きな扱いになっていません。中東の危機は日本の危機に直結する大きな問題ですので、引き続きウォッチしていきたいですね。
国交が途絶えると、陸路、空路、海路のすべてが封鎖され、国境も封鎖されます。そして外交官は国外に追放されます。上空を飛ぶ飛行機も迂回しなければいけません。
断交とはそういうものです。
話し合っても分かり合えないということは往々にして起こりうるという、ごく当たり前のことが分からない人たちというのも存在します。現にこうやって国交を断絶させている国々に対して「話し合いが足りないのだ!もっともっと話し合え!」というのは愚かなことです。話し合ったから決裂したのであって、結論が出たから断交したのであります。
逆に言えば、決裂するまで話し合っていないほうがおかしい、ということも言えるのではないでしょうか。ビジネスの世界では普通に決裂しますよね。価格が折り合わなかったり、納期が間に合わなかったりで。それと同じことが外交にも言えるのですが、脳みそがお花畑な人たちは「話し合えばなんでも分かり合える」と思っているのかもしれません。分かり合う必要はなくて、結論が出せればそれでよいのではないかと思います。
戦争反対を口にする人のなかには「戦争が何の前触れもなくいきなり起こる」と思っている人がたまにいるようですが、断交は戦争の一歩か二歩手前の場合が多いのであります。
こうした動きのほうが北朝鮮の話題とか共謀罪などといって騒いでいるよりよっぽど「戦争の危機」であると思うのですが。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(幻冬舎HPより)
右も左も腐れか狸や! 元刑事の名コンビがマトにかけたのはパチンコ業界。 出玉の遠隔操作、極道顔負けの集金力、警察との癒着……。 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。 堀内信也、40歳。元々は大阪府警の刑事だが、恐喝が監察にばれて依願退職。不動産業界に拾われるも、暴力団と揉めて腹と尻を刺され、生死の境をさまよった。左下肢の障害が残り、歩行に杖が欠かせなくなる。シノギはなくなり、女にも逃げられる……。救ったのは府警時代の相棒、伊達誠一。伊達は脅迫を受けたパチンコホールのオーナーを助けるため、堀内に協力を求めてきた。パチンコ業界――。そこには暴力団、警察も入り乱れ、私腹を肥やそうとする輩がうごめいていた。堀内は己の再生も賭け、伊達とともに危険に身をさらしながら切り込んでいく。


曹源寺評価★★★★
悪果」「繚乱」に続く大阪の元悪徳警察官、堀内&伊達のコンビが活躍するシリーズ第3弾です。この「堀内&伊達」シリーズと「疫病神」シリーズが黒川センセーの本領発揮ではないかと思うのですが、この2つのシリーズに共通するのは「悪には悪で」というガチンコの駆け引きであり、裏社会のルールに則りながらもしつこいくらいに金に群がる構図であり、身体(時には命)を張って勝負に出るという男の世界であります。
前作のラストでチンピラに撃たれ、杖をつくはめになった堀内と、競売物件でサバキを精力的に行っている伊達。半ば引きこもりのようになってしまった堀内に対して、伊達は何かと世話を焼いてくれます。
伊達のあいさつは「堀やん、メシ食いに行こ」であります。
その伊達がいわゆる「シノギ」の案件を堀内とともに譲り受け、人の弱みに付け込んで金を脅し取ろうとしている奴らと対峙するといういつものパターンであります。
今回はパチンコ業界を舞台に、裏で悪徳の限りを尽くしている輩どもを成敗(!という名のゆすり、たかり、脅し)していく痛快なストーリーとなっています。
まあ、パチンコ業界が警察とずぶずぶの関係であるとか、北朝鮮への送金ルートになっているとか、出玉の調整がコンピュータ化されていて「遠隔操作」も日常的になっているとか、もう自分のなかでは旧知の事実でありましたが、それでも黒川センセーは綿密な取材に裏打ちされた膨大な「業界の闇」をさくっと切り取っていただきました。非常に分かりやすいです。

それにしてもこの二人のフットワークの軽さといったら、、、、、

警察の看板がなくても怖いもの知らず、悪い奴には容赦しない、この二人も十分に「悪」なのですが、そこはラストにきちんと帳尻が合うようにできております。
決してハッピーエンドになることはありませんが、かといってムナクソ悪いバッドエンドでもない。登場人物のほとんどが悪人なので、マイナス×マイナス=プラスのような図式で、それはそれで納得できる結末でありました。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集