ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2017年07月25日

書評822 中山七里「秋山善吉工務店」

こんにちは、曹源寺です。

国会の閉会中審査の動画を見ると、本当に、本当にくだらない質疑が続いていることがわかります。
なにせ、「知っていたのですか?」とか「いつ知りましたか?」とか「言ったのですか、それとも言わなかったのですか?」とか記録ではなくて記憶をたどる質問ばっかりなんです。
言った言わないの世界は証明ができません。
証明ができないことを質問して、納得ができないふりをして「これで疑惑はますます深まった」とか感想を言えば、質問する側はいかにも自分が正義の味方であるというふりをすることができますね。

ネット民はそんなことにごまかされはしませんが、テレビ、しかもワイドショーばっかり見ているような人たちは繰り返し映されている映像を見て洗脳されてしまいますわ。
これら一連の報道(いまは「報道犯罪」という単語が出来上がっています)にうんざりを通り越して腹が立っている人たちも多いと思いますが、リテラシーに乏しい人たちにはしっかりと再教育してあげてほしいですね。そうです、自分たちの親なんてそうですよ。どちらが正しいとかを指摘するのではなくて、いかにこれが茶番なのかということだったり、なにかを証明しようとするならエビデンスを持ってこいという至極当たり前のことができていないで真実を追求しようとしている愚かな姿とか、理屈で考えれば絶対におかしい手続き上の問題とかを教えてあげると良いと思います。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(光文社HPより)
この爺ちゃん、ただものではない!?
ゲーム会社を辞め、引き籠っていた史親の部屋からの出火で家と主を失った秋山家。残された妻の景子、中学生の雅彦、小学生の太一の三人は、史親の実家「秋山善吉工務店」に世話になることに。慣れない祖父母との新生活は、それぞれの身に降りかかるトラブルで災難続きの日々。
一方、警視庁捜査一課の宮藤は、秋山家の火災は放火だったのではないか、と調べ始める――
大工の善吉爺ちゃん、大立ち回り!!昭和の香り漂うホームドラマミステリー。


曹源寺評価★★★★
近年の作品でジジイが活躍するものと言えば有川浩センセーの「3匹のおっさん」あたりが有名ですね。本書はあれに負けず劣らず、齢80を過ぎた大工の棟梁である秋山善吉が暴れまわる連作短編の家族小説であります。実家の失火により一家の大黒柱を失い、残された3人の家族が祖父宅に世話になります。そこで巻き起こる兄弟と母のそれぞれのストーリーに善吉爺さんが活躍しますが、その暴れっぷりは寺内貫太郎も真っ青の恐ろしさであります。
子供のケンカ(いじめですが)には口を挟まず、しかし相手がやくざともなれば体を張って立ち向かい、警察の自白強要にもまったく怯むことなく、むしろあしらってしまう善吉爺さん。昭和の香りが漂いますが、せりふのひとつひとつにしびれてしまうのは自分だけではないと思います。こんな素晴らしいキャラクターをたったの一作で終わらせてしまった中山センセーですが、

ミステリにしないでシリーズ化して欲しかった

という声が多数ネットで上がっています。個人的には「謎解きがあるからこその疾走感」ではなかったかとも思います。この疾走感は前作「翼がなくても」に通底するものを感じました。おそらくですが、中山センセーはこうした「ミステリとヒューマンドラマの融合」みたいな視点で作品を仕上げてきている傾向にあるのではないかと思います。
ですから、本書の場合はミステリとの融合を図るべきだったのか、あるいはもっとドラマに徹してジジイの活躍っぷりをシリーズ化するべきだったのか、で意見が分かれるところであったのわけですが、個人的な感想ではやはり後者にならざるを得ないですね。善吉ジジイのスカッとする活躍をもっと読みたかったというのが本音です。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | な行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集