ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2017年08月08日

書評826 曽根圭介「黒い波紋」

こんにちは、曹源寺です。

昨日は河野太郎外務大臣が、周囲の期待を裏切って仕事をしていると話題になりました。
「お父さんの意見大切に」王外相、河野氏に皮肉(8/7読売新聞)
【マニラ=比嘉清太】河野外相と中国の王毅ワンイー外相が7日、初会談でいきなり火花を散らす一幕があった。
王氏は会談冒頭から「発言を聞いて率直に言って失望した」と河野氏を批判した。会談に先立つ東アジア首脳会議(EAS)外相会議で、河野氏が南シナ海問題への懸念を表明したことに不満を示したかったようだ。「ハト派」として知られた河野氏の父の河野洋平・元衆院議長を「正直な政治家」と持ち上げ、「お父さんの意見を大切にすることを望む」とも皮肉った。
これに対し、河野氏は「中国には大国としての振る舞い方を身に付けていただく必要がある」と反論した。


河野氏のブログを読めばわかりますが、河野氏は実にマメです。自分の仕事には責任を持ち、きちんと正論を吐いてそれを曲げない精神性もお持ちのようです。先日も書きましたが、父親の売国っぷりとは違って、情に流されたりトラップに引っかかったりはしないような感じがします。法律がこうなっているから、とか、条約で締結したのだから、とか、彼の行動規範はこうした法律第一主義的な色合いが強いのだろうと思います。
こういう人は行政のトップに据えるとなかなかぶれませんので、意外と適任なのかもしれません。
ちょうど外務副大臣には「ヒゲの隊長」こと佐藤正久センセーが就任されました。こと外務に関してはこのコンビが活躍するのではないかと期待しています。
あ、一応補足しておきますが、好きではありません。嫌いだけど仕事はきちんとするんだろうなあということです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(朝日新聞出版HPより)
元刑事の加瀬将造は、孤独死した父親宛てに何者かから毎月30万円の現金が届いていることを知る。さらにアパートを片付けると天井裏から古いVHSのビデオテープが。中身を確かめると、そこに映っていたのは・・・。江戸川乱歩賞・日本ホラー小説大賞受賞作家、渾身作!


曹源寺評価★★★★
後味の悪いホラーチックな作品で個人的には大好きな曽根センセーの最新刊です。本作はホラーではなくてクライムサスペンスのジャンルだと思います。
冒頭は元刑事にして便利屋家業の加瀬将造が、実父・真木盛夫の死去を知らされ現地に赴くところから始まります。両親の離婚後30年も音信不通であった実父なので、哀しみもわかない加瀬。部屋に金目のものがないか探すと、偽名で借りた私書箱の契約書があり、何者かが毎月30万円を父に送金していることを知る。さらに天井裏には古いVHSのビデオテープが隠されていた。離婚して養育費の支払いに追われていた加瀬は、千載一遇のチャンスに賭けようとする。。。
曽根センセーの作品の特徴のひとつに、「登場人物がみんなクソ」というのがあります。クソ野郎ばかりですので感情移入できません。だから嫌い、という人が多いのかもしれませんが、自分は違います。

クソにはクソの末路がちゃんと待ち構えている

のが曽根作品の特徴でもあります。
本書は主人公と思しき加瀬も、その実父の真木盛夫も、そのあとに登場する政治家とその取り巻きも、みーんなクソで悪党です。しかも加瀬はバカでもあります。(以下、ネタバレあり)


加瀬は脅迫の仕方がめちゃめちゃ下手です。現金の受け取りも下手くそ極まりありません。オレだったらもうちょっとうまいことやれそうな気がするなあ、なんて思ったりもしますが、これは読者が思った時点で曽根センセー的には勝ちなのかもしれません。そう、なんだかんだでこの悪党に感情移入しているわけですからね。
登場人物がクソなので、たいていの作品はラストも後味悪いです。本書もまた、微妙なしこりを残す終わり方をしますので、何とも言えぬ気分にさせられます。
でも、それこそが曽根センセーの持ち味だと思っています。本作は伏線をきちんと回収しているし、悪党にふさわしい末路も描かれているし、政治の世界はやはり闇が深いなあと思わせているし、で納得の一冊であるかと思います。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 16:39| Comment(0) | さ行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
書評802 呉勝浩「白い衝動」 by 本が好き!運営担当 (05/17)
書評785 東野圭吾「人魚の眠る家」 by 藍色 (04/05)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 曹源寺 (02/01)
書評777 垣根涼介「室町無頼」 by 本が好き!運営担当 (02/01)
書評754 佐藤弘幸「税金亡命」 by 佐藤弘幸 (11/17)
タグクラウド
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
リンク集