ミステリ読みまくり日記 〜書評(ネタバレあり)

通勤時間に読む、日本のミステリとその他小説をとりあえず書き留める
 

2017年04月25日

書評798 今野敏「サーベル警視庁」

こんにちは、曹源寺です。

今日にも北朝鮮からミサイルが飛んでくるのではないかと、ネットでは戦々恐々とされている人が多いみたいですが、どうやら米国と中国は経済圧力を強めて金正恩を亡命させ、正男の息子を使って傀儡政権を樹立させたいようですね。
でもその前に軍部がクーデターを起こす可能性も残っているとは思いますので、警戒だけは怠らないほうが良いのではないかと思います。

さて、こうした有事に対しては、かつて朝日新聞が「一発だけなら誤射かもしれない」と記事に書いて猛烈に炎上した過去がありますが、これに関して政治部次長の高橋純子氏が紙面「政治断簡」のコーナーでこんな記事を書いてきました。

作家の百田尚樹氏は「もし北朝鮮のミサイルで私の家族が死に、私が生き残れば、私はテロ組織を作って、日本国内の敵を潰していく」「昔、朝日新聞は、『北朝鮮からミサイルが日本に落ちても、一発だけなら誤射かもしれない』と書いた。信じられないかもしれないが、これは本当だ。今回、もし日本に北朝鮮のミサイルが落ちた時、『誤射かもしれない』と書いたら社長を半殺しにしてやるつもりだ」とツイッターに投稿した。あらタイヘン。そんな記事本当に書いたのかしら。「北朝鮮」「一発だけ」「誤射」でデータベース検索したが、結果は0件。永遠のゼロ件。百田氏の過去のインタビューなどから類推すると、おそらく2002年4月20日付朝刊「『武力攻撃事態』って何」のことだと思われる。
Q ミサイルが飛んできたら。
A 武力攻撃事態ということになるだろうけど、1発だけなら、誤射かもしれない。
北朝鮮を含め具体的な国や地域名は出てこない。一般論として、武力攻撃事態の線引きは難しいということをQ&Aで解説する記事だった。


作家の百田尚樹センセーはツイッターでこれに反論しています。

百田尚樹?
@hyakutanaoki
私を名指しで非難しつつ、「一発だけなら誤射かもしれないという記事は一般論」とごまかしているが、02年4月の記事は、北朝鮮のミサイルを念頭に置いた「ハーグ規範」が採択された直後のもの。
つまり誰が読んでも、北朝鮮のミサイルが日本に着弾したことを想定した記事。
朝日さん、汚いよ。


百田センセーの正論は当時の記事をみればわかりますが、補足しますとこのQ&Aの次にあるのは「不審船」のQ&Aです。誰がどう読んでも北朝鮮のミサイルであると理解するはずです。

朝日新聞の悪行はとどまるところを知りませんが、特にこの高橋純子なる政治部次長は過去にもいろいろとやらかしているので、あえて個人名で批判してみました。
たとえば、週刊ダイヤモンドがこんな記事を載せたことがあります。

政治コラム「だまってトイレをつまらせろ」でわかる朝日新聞の落日(2016/3/12DIAMOND ONLINE)
朝日新聞社には、高橋純子さんという政治部の次長サンがいる。りんりんリーチの高橋純子さんではない(※こちらは女性プロ雀士です。麻雀ゲーム『極』では、リーチをかけるとき、りんりんリーチと叫びます)。
朝日のほうの高橋純子次長サンだが、この方がお書きになる記事は毎度毎度、実に難解で、朝日の編集局や校閲はよくこんな原稿を通したなあ、と思ってしまう内容ばかりなのである。次長サンのスタンスは「アンチ安倍政権」で凝り固まっているが、はっきり言って、何が言いたいかわからない文章をお書きになる。
先月28日、高橋次長サンは『だまってトイレをつまらせろ』なるタイトルのコラムを書いた(顔写真入り)。
〈(前略)ある工場のトイレが水洗化され、経営者がケチってチリ紙を完備しないとする。労働者諸君、さあどうする。
 @代表団を結成し、会社側と交渉する。
 A闘争委員会を結成し、実力闘争をやる。
まあ、この二つは、普通に思いつくだろう(中略)ところが、船本洲治という1960年代から70年代初頭にかけて、山谷や釜ケ崎で名をはせた活動家は、第三の道を指し示したという。
 B新聞紙等でお尻を拭いて、トイレをつまらせる(中略)。
わたしは、「だまってトイレをつまらせろ」から、きらめくなにかを感受してしまった。
 生かされるな、生きろ。
 わたしたちは自由だ〉
この「生かされるな、生きろ」ってセンテンスは、いったいどこから出てきたのか不明なのだが、船本洲治氏が残した言葉なのかしら? ちなみに、高橋次長サンは記さなかったけど、船本洲治という「活動家」は山谷、釜ケ崎の労務者問題に取り組んでいますが、地域センターを爆破した疑いで指名手配されています。テロリストじゃないですか。彼は逃走中の1975年、皇太子殿下(当時)の訪沖に反対し、嘉手納基地の前で焼身自殺を遂げます。船本氏は29歳でした。
(以下は長いのでリンク先でどうぞ)

政治的にはややリベラルな姿勢のダイヤモンドですら、アサヒの政治部次長にこんな人がいるなんて、と驚きを隠せないという記事です。しかもこれ1年前の記事ですから、この高橋次長は政治部にずっと居座っているわけですよ。元々支離滅裂な文章を書くので有名な人なようですが、こういう人でも昇進できるというか、こんな記事を書く人でないとアサヒでは昇進できないのではないかと思わせてくれますね。実際、出版部門が分社化されていますが、あちらにいる人のほうがこと文章においては優秀な人が多いような気もします。

まあ、ミサイルが本当に飛んできたときのアサヒの言い訳が今から楽しみです(その時に自分が生きていればの話ですが)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(角川春樹事務所HPより)
明治38年7月。国民たちは日露戦争の行方を見守っていた。そんなある日、警視庁第一部第一課の岡崎孝夫巡査が、警察署から上がってきた書類をまとめていると壁の電話のベルが鳴った。不忍池に死体が浮かんでいるという。鳥居部長、葦名警部とともに現場へ向った。私立探偵・西小路臨三郎もどこからともなく現れ捜査に加わることに――。殺された帝国大学講師・高島は急進派で日本古来の文化の排斥論者だという……。そして、間もなく陸軍大佐・本庄も高島と同じく、鋭い刃物で一突きに殺されているとの知らせが――。元新撰組三番隊組長で警視庁にも在籍していた斎藤一改め、藤田五郎も加わり捜査を進めていくが、事件の背景に陸軍省におけるドイツ派とフランス派の対立が見え始め――。今野敏が初めて挑んだ、明治時代を舞台に描く傑作警察小説の登場!


曹源寺評価★★★★
今野敏センセーは人気絶頂なのにチャレンジングなことをしてくれるので好きですわ。今度は明治時代の警視庁を舞台にした警察小説です。明治38年といえば1905年。日露戦争の真っ只中であります。
時代考証すれば、3月に奉天会戦、5月に日本海海戦、9月にポーツマス条約という年です。戦勝に沸きながらも講和条約で揉めて政府批判が沸き起こる年でもあります。
そんな時代の殺人事件を警察小説として描いたのが本書です。なぜか元新撰組の斉藤一が登場してきますが、それ以外にも小泉八雲とか「黒猫先生」(最後まで実名が出ませんがたぶんあの大作家)などが名前だけですが登場してきます。
明治中盤は江戸や瓦解(維新)をひきずりつつも脱亜入欧を進めている最中ですから、いわゆる急進派と穏健派(保守派)が対立していたり、自由民権運動と社会主義が生まれていたりと、思想的な対立があちこちで始まっていたわけですね。
当時の警察は内務省の管轄にあって旧薩摩藩の流れを汲んでいるのは警察小説ファンなら当たり前の知識ですが、まだ思想弾圧などは行われていなかったのかもしれないですね。ただ、本書の主人公(語り部)である岡崎巡査は米沢の出身、べらんめえ口調の親分肌で上司の鳥居部長も薩長出身ではありません。いわゆる反主流派なのかもしれません。ほかにも理論派の葦名警部、目立たない服部課長、角袖(カクソデ→デソクカ→デカの語源ですね)の荒木、さらには伯爵の孫にして私立探偵の西小路臨三郎などなど。このメンバーのキャラクター造型がなかなかに楽しくて、本書だけでは書ききれないほどの造型ですから、

絶対に続編を狙っている

のが良くわかります。
続編、大歓迎です。もしかしたら、隠蔽捜査シリーズのように人気シリーズに化けるかもしれませんね。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

書評797 京極夏彦「書楼弔堂 破暁」

こんにちは、曹源寺です。

麻生副総理兼財務大臣が米国で増税に触れた発言をしたということで読売新聞が記事にしています。

麻生氏「上げやすい景気状況に」消費増税に意欲(4/20YOMIURI ONLINE)
【ニューヨーク=有光裕】麻生副総理兼財務相は19日、ニューヨーク市内で講演し、2019年10月に予定される消費税率の10%への引き上げについて、「上げやすい景気状況になりつつあることは確かだ」と語った。
10%への引き上げは2度延期されており、「三度目の正直」での実現に意欲を示した。
麻生氏は「今までとは状況が全然違う。少しずつ消費が伸びており、今年の後半には、そうした姿が出てくると思う」と語った。
一方、麻生氏は環太平洋経済連携協定(TPP)について「米国なしで11か国でTPPをやろうという話は、5月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)で出る」と述べた。米国はTPPからの離脱を通知しており、日本として米国を除く11か国での発効を目指す方針を示したものだ。


財務省は消費税率10%の実現に執念を燃やしていることが良くわかる記事です。
もういい加減、プライマリーバランスとか言って欲しくないですし、この情勢で増税しようなどと考えるのはおばかとしか言い様がないのですが、いま政府がやるべきことは、
・法人税率を引き下げたのだからその分をしっかり給与所得などに振り分けるよう企業の活動を促すこと
・東京の一極集中を避けて地方にも投資拡大を推進させること
・子育て環境を整備して雇用と人口増加を旗振りすること
ではなかろうかと思いますが、そうした施策がどうにも置き去りにされているようでなりません。

財務省は増税したあとに税収が増えていないことを知っていて、それでも増税をしようとする勢力です。それに乗っかっている麻生大臣もクソと言えますが、経済を知り尽くしているはずの経済学者もこれに乗っかろうとしているのはなおさら許せません。
ちょっと消費が伸びたくらいで増税とか言い出されたら、余計に消費が伸び悩むのではないかとも思ってしまいます。政府自民党の失言が多いと話題になっていますが、これもまた失言といわざるを得ないでしょう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(集英社HPより)
扠、あなた様はどのようなご本をご所望ですか─。
立ち止まって眺めるに、慥かに奇妙な建物である。櫓と云うか何と云うか、為三も云っていたが、最近では見掛けなくなった街燈台に似ている。ただ、燈台よりもっと大きい。本屋はこれに違いあるまい。他にそれらしい建物は見当たらないし、そもそも三階建てなど然う然うあるものではない。しかし到底、本屋には見えない。それ以前に、店舗とは思えない。板戸はきっちりと閉じられており、軒には簾が下がっている。その簾には半紙が一枚貼られている。近寄れば一文字、弔――。と、墨痕鮮やかに記されていた。


曹源寺評価★★★★★
京極作品は「死ねばいいのに」以来、本当に久しぶりでした。センセーは1963年生まれですから自分と世代的にはあまり変わりません。なのに、なぜこのような文体が書けるのか。こんな文章、他の誰にもマネはできません。文壇界に衝撃的なデビューを飾ったのも分かるような気がしますね。紛れもなく天才です。
さて、本書は明治20年代の東京を舞台に、元旗本にして潰れた煙草製造業に従事していた高遠彬を語り部として、都内のはずれ(これがどこなのか)に棟を構える書店、弔堂(とむらいどう)にまつわる短編を集めた作品です。初版は2013年11月、文庫化が2016年12月です。
連作短編の形式でつごう6話が収録されています。
弔堂は当時の日本橋丸善にも引けを取らないほどの棚を持つ大型書店という設定ですが、一見しただけでは書店と分からない3階建ての塔のような外観から、ふらっと立ち寄るような書店ではありません。中も薄暗くて、目が慣れるまでは書庫のラインナップが分かりにくいですが、初めて棚を見た人は総じて驚くような圧倒的な品揃え。元僧侶の主人と美形の小僧さんがもてなしてくれます。
明治中期は新聞にようやく輪転機が入ってきたような時代ですから、まだ本は貴重品で大量生産されてはおりません。貴重であるがゆえに、貸本屋のほうが主流な時代に主は売ることを選んでいます。それはなぜなのか。
主人曰く、誰かに所有してもらうことが本の供養になるという。うーん、これだけでも深いなあ。本は読まれてこそその役割を全うするものであって、棚に飾られているだけでは死んでいるも同然だと喝破しているのです。
本書の底流にあるテーマは「本とは何か」というものでしょうか。本と“いんふぉめーしょん”の違いは何か、とか、人生を大きく変える本とは、とか、本を「供養」するとはどういうことなのか、とか、いろいろと考えさせてくれます。
それは、現代の粗製乱造される本への(あるいは版元への)警鐘にも聞こえ、また、本を粗末に扱うことへの戒めにも見えます。
つまり、現代を生きる我々にも

本に対してどのように向き合っていくべきなのか

を問いかけてくれているのだと思います。
続編が出ていますので、そちらも読んでみようと思います。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

書評796 今野敏「継続捜査ゼミ」

こんにちは、曹源寺です。

以前、強制加入団体である日弁連が政治的活動をするのはどうなんでしょう?という疑問を書き込んだことがあるのですが、ちょうど産経新聞が連載記事でこの疑問を追及していました。4月4日の朝刊にはどーんと1面で掲載されました。

【弁護士会第1部(1)】
政治集団化する日弁連「安倍政権、声を大にして糾弾」…反安保で振り回した「赤い旗」
(4/7産経WEST)

これ、(1)〜(4)までつながっていますので、興味のある方はご覧ください。具体的な事例を挙げて日弁連の政治介入を批判しています。産経、やりおるのう。

日弁連を批判した書籍はあまり見かけないんですよ。地元の図書館で探しても、司法試験制度を批判する本はあっても日弁連の政治活動について批判する本はありませんでした。
実際、京都の弁護士センセーが日弁連の意見表明を批判してホームページからの削除を求めた裁判は棄却されました。上記記事からの引用ですが、
同地裁は今年2月27日の判決で、強制加入団体の性格を踏まえ「政治的中立性を損なうような活動をしたりすることがあってはならない」と判示。その上で一連の意見表明が「法理論上の見地」から出たとする日弁連の主張を認め、南出の請求をいずれも退けた。
ということで、法理論が正しければ政治的主張が認められるとも言えそうな判決が出ています。
この産経の記事に対してはある弁護士センセーがツイッターで「我々は憲法を護り、人権を護るために活動しているのだからこの程度の主張は認められる」という趣旨のつぶやきを書き込んでいました。

えーっと、何言っているのか良くわからないんですが。
弁護士の活動というのは原告、被告のいずれにもありえるわけで、どちらかが正しくてどちらかが間違っていたとしても、その両方に被弁活動というのが発生するわけですよね。しかも、最高裁判決によって事例確定されたものでもない事件や事案については、どちらかに肩入れするようなことがあってはいけないのではないかと普通に思うのですがどうなんでしょう。
上のツイートについても、「強制加入団体なのに政治的発言はおかしい」と言っていることに対する反論にはなっていません。論点を微妙にすりかえるのは弁護士の常套手段でしょうかね。

まあ、いずれにしても、産経新聞が半ばタブー視されていた日弁連をおおっぴらに批判し始めたということで、マスゴミもたまにはやるじゃねえかと思った次第。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

内容(講談社HPより)
史上もっとも美しい捜査チーム誕生!
かつてない新感覚・警察小説!!
元ノンキャリ刑事の大学教授と少数精鋭のイマドキ女子大生が挑むのは、継続捜査案件、つまり「未解決事件(コールドケース)」。キャンパスで起こる様々な事件は、やがて、ある大事件に結びつき……。


曹源寺評価★★★★
刑事畑を長く勤め、警察学校の校長を歴任した小早川一郎。知人の伝手で三宿女子大学の准教授として再就職し、晴れて教授に昇進した小早川は、「継続捜査ゼミ」を開講した。そこに集まった5人の学生はいずれもさまざまな分野に精通する切れ者であった。継続捜査、すなわち未解決事件をゼミの題材として討論を重ねてもらおうとしたら、意外にも彼女たちは優れた才能を発揮し、、、
とまあ、女子大を舞台にしてゼミを通じて事件を解決していこうとする、これまでにないお話が今野センセーという大御所から生まれたのであります。
これを警察小説と呼んで良いのか分かりませんが、まあそのカテゴリに入れるのは良いのかもしれません。そう考えると

これは新しい警察小説や!

と言えなくもないですね。女子大生がゼミの一環で事件を解決する。なんだか面白いですね。
でも、内容はというと、今野センセーにありがちなご都合主義が随所に見られますのでちょっとそりゃいくらなんでもないんじゃないですかねぇ〜、というシーンのオンパレードではあります。
これ書いていくとネタバレが激しすぎるのでやめますが、ここまで酷いと

警察を馬鹿にするレベル

になってしまいませんかね。未解決事件がこんなにあっさりと解決してしまってはいけないのではないかと小一時間説教かましたいです。
同じ継続捜査モノでは佐々木譲センセーが「地層捜査」シリーズ(これと「代官山コールドケース」)を出しておられますが、こちらのほうがシリアスでリアルです。なにせ、何の手がかりもない未解決事件を手探りで追い始めるところからスタートして、少しずつ前に進んでいくのがたまらないんですわ。
本書は軽く読むには良いと思いますが、警察の本格捜査とかを期待してはいけないでしょう。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
応援よろしくお願いします。。
banner2[1].gif
posted by 曹源寺 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の作家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
検索
 
最近のコメント
タグクラウド
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集